秋のスキンケア

秋になると、過ごしやすい気候の日も増えてきます。夏のときのような強い日差しもだんだん弱まり、体力も余って、スポーツや芸術に勤しむ人が多くなります。

気持ちの面でも、たまにナイーブになることもあるでしょうが、夏に比べれば落ち着いた気持ちにもなりやすく、食欲もわき、秋祭り、ハロウィン、そして冬のクリスマスシーズンへの突入を愉しみます。

そこで今回は、そんな秋に行うスキンケアについてのお話です。一年のうちで、秋は肌さえも最も落ち着く頃です。それに合わせて、秋には秋なりのスキンケア方法があるのです。

夏に受けたダメージをケアしていこう

肌の状態が安定しやすい秋は、夏に受けたダメージをしっかりとケアしていくのに最適な時期です。

夏は、強い日差しを浴びたり汗・皮脂によって毛穴が詰まったりして、肌が傷んで不安定な状態になっています。それをどうにかしていくのが、ずばり秋のスキンケアでの目的のひとつです。

メイクを軽くし、ストレスフリーな肌を

夏には、紫外線対策をきっちりやるべく、厚塗りのメイクをする人も多いものです。また、汗や皮脂などで化粧崩れが起きないようにと、水に強いメイク化粧品を使う人も少なくないでしょう。

そのため、肌は呼吸ができず、とても苦しい状態となるわけです。化粧品の成分は、例えばミネラルファンデーションのような優しいものでも、長時間しっかりとつけていると肌には良くありません。さらに、日焼け止めも肌には良くなく、特に紫外線吸収剤タイプのものは、肌に負担になりやすいと考えられています。

夏には、うっかりな日焼けダメージ(なんと 紫外線のみならず赤外線の影響も受けています!)のほか、上記のメイク由来のダメージも受けているのです。

秋は、過ごしやすい気候になり、肌にとっても心地良く感じる日が増えますので、薄塗りメイクにして、なるべく肌を休ませてあげるようにしたいものですね。同時に、程良い保湿ケアもコンスタントに続けていきましょう。

ただし、秋の初め頃は紫外線対策を徹底!

秋とはいえど、8月末から9月にかけては、夏に劣らず暑い日も多く、日差しも強いものです。

紫外線(※)が注ぐ量は、9月頃から急激に減ります。そのため、秋の中頃になってくると一安心かもしれませんが、はじめの頃はまだまだ気が抜けません。お子さんをお持ちの方は、運動会の応援時こそ要注意!きちんと紫外線対策を行っていきましょう。

 ※ UV-B(紫外線B波)は7~8月に多く降り注ぎ、肌を赤く炎症させるといった刺激の強い電磁波のことをいう。皮膚がんの一因ともいわれる。一方、UV-A(紫外線A波)は4~9月に多く降り注ぎ、肌を黒くさせ、肌の老化の進行をも招く電磁波のことをいう。

乾燥対策を強化していこう

秋は、冬に向かってだんだん湿度が低くなっていきます。ということは、早め早めに乾燥対策をしていくのが得策だというわけですね。冬になって乾燥してはじめて取りかかったのでは遅いかと思います。

ダメージケアをしてから、がポイント

乾燥対策は、ダメージケアをきちんと行って肌が安定してきた状態で行うのがベストでしょう。肌が傷んだままだと、保湿効果が十分に得られず、そのまま乾燥した季節に突入し、乾燥肌になり、春の頃には敏感肌になりかねません

スキンケアは、一時だけ集中して頑張ってやるものではなく、一年を通して計画的に行っていくべきものだと私は考えています。秋は、ダメージケアから保湿強化の時期であり、この移行を成功させることが、冬を乗り切る秘訣のひとつかもしれません。

保湿強化

保湿は、一年を通してやっておいたほうが良いものですが、この秋こそ強化すべきとき。つまり、水分や美容成分を与えたら、今度は油分できっちり蓋をし、なおかつ肌の調子をきっちり整えていくことが望まれるでしょう。

夏にはうっとうしかった油分保湿も、この秋に再開し、快く冬を迎えたいものですね。

じゃあ、いつ頃から保湿強化をすべきか?といったら、それは地域にもよるので答えはありませんが、まあだいたい10月末くらいからで良いかと思います。あまり早いと暑苦しく感じますし、肌が休まりませんからね。

保湿化粧品の選び方

人それぞれ、肌質や好みなどが異なるので、必ずコレでなければならないという答えはありませんが、上記の保湿強化をこなせるよう、油分による保湿や肌の整えまでしっかりできるものが良いかと思います。

あくまで私なりのおすすめですが、しっとりしたタイプで、かつ、乾燥による老け印象や乾燥性の毛穴開き・角質肥厚などにアプローチしてくれる、高い保湿力を持った基礎化粧品があります。

例としては、ディセンシアの〈アヤナス〉というものです。非常にしっとりしつつも、まとわりつかないライトな使用感を持っているように思います。ほのかに香るラベンダーやゼラニウムの香りも、癒しのひとときを演出してくれます。

〈アヤナス〉の公式サイト
【アイテム訴求・「ヒト型ナノセラミド」配合・化粧水】アヤナストライアルセット

体力の回復と温存を図ろう

夏に受けた体力消耗。この回復を図るのも秋が適しています。

夏に冷たいものばかり食べすぎていたら、積極的にあたたかいものを食べ、また栄養バランスも考えて食事をとっていきたいものですね。秋は実りの季節で、食べ物も美味しいです。食欲の秋!食べすぎに気を付けながら、元気をつけていきましょう。

また睡眠も、夏には暑さゆえにとりづらかった人も多いかと思われます。秋は、虫の声(※)をききながら、質の高い睡眠を心がけて、自律神経を整えていきましょう

 ※ 都会だと、生できくのはなかなか難しいので、自然音を集めたCDなどを活用してみるのも面白いかもしれない。

秋における体力回復は、肌にも良い影響をもたらしますし、これから来る冬に備えるためにも欠かせないタスクです。冬には、今度は寒さや冷えで体力・精神力が奪われます。秋にしっかり体調を整え直して、内側から力をつけ、しぶとく冬を過ごせるようにしていけるといいですね。