敏感肌の日焼けと紫外線対策

肌が荒れやすい。乾燥肌になりやすい。ひりつきやすい。炎症しやすい。キメが粗くなりやすい。。。

・・・といった敏感肌の人は、紫外線の影響を受けやすいばかりか、一度日焼けを起こすと、健康的な肌の人に比べてシミが残りやすく、またサンバーン(赤み)もなかなか引きづらいものがあるかもしれません。

もしちょっとでも心当たりがありましたら、今回の記事を参考になさってみてください。「読めば健康肌になる!」と豪語することはできませんが、少しでもお役に立てたらいいなと思います。

敏感肌だとシミが残りやすい

敏感肌は日焼けは厄介で、シミができるとなかなか消えてくれません。では、その原因は何でしょうか。

ターンオーバーが不安定

真っ先に考えられるのが、ターンオーバーが正常ではないということです。ターンオーバーとは肌の新陳代謝のこと。通常は約28日のサイクルで肌は生まれ変わりますが、その周期が乱れてしまっているというわけです。

敏感肌とは、外からの刺激を受けやすく弱った状態の肌です。肌の保湿機能や免疫機能が低下することも多く、ターンオーバーが乱れていることも多いと言われています。

ターンオーバーが正常な場合、シミ(メラニン)ができても、それが自然に排出されていきます。しかし、乱れているとうまく排出できず、肌に蓄積されていってしまうことがあるのです。

メラニンによる暗褐色のシミ

肌は、紫外線から細胞を守るために、メラニンを生成します。メラニンこそシミの正体であって悪いイメージがありますが、本当はバリア的な役割を果たしてくれているのですね。

 ※ 肌の基底層にある「メラノサイト」(色素生成細胞)のメラノソームにて、チロシナーゼという酵素を受けてメラニンが作られます。メラニンには、黒を呈するユーメラニンと黄色を呈するフェオメラニンの2種類があり、この割合で肌・髪の色合いが変わります。日焼けしたときにできる暗褐色のシミは、肌が元々暗い色の人のほうができやすい傾向にあります。

敏感肌の場合は、肌表面の著しい乾燥や肌荒れにより紫外線をガードしにくくなり、日焼けしやすいといった話もあります。つまり、シミができやすいということです。そこに先述のメラニン排出不足が生じるので、シミはなかなか消えてゆかないのです。

 ※ 敏感肌であるか否かの前に、元々日焼けしやすいか否かには個人差もあるでしょう。

サンバーンによる赤いシミ

メラニンによるシミは暗褐色です。でも、赤っぽいシミが残ることがあります。このシミはメラニンによるものではありません。日焼けによって炎症(サンバーン)を起こしたときの名残です。

サンバーンは、紫外線(UV-B波)の影響を受けることによるヒリヒリとした痛みを伴う炎症のことを指し、元々肌が色白の人がなりやすい傾向にあります。黒く焼けたり暗褐色のシミが残るよりも、その炎症による赤いシミの残留が懸念されます。

もちろん、正常なターンオーバーがなされていれば、その赤いシミも見事に排出されますが、ターンオーバーに乱れがあれば、当然ながら肌に残りやすくなってしまうのです。

保湿しながらメラニンの生成を防ごう

シミができにくくなるためには、次の目的を達成する必要があります。

  • シミが排出されやすい肌環境にする
  • そもそも新たなシミを無駄に作らせない

これらのためには、

  • 保湿を徹底し、肌をいたわり続けてターンオーバーを整えていく
  • 美白ケア(メラニンの生成を防ぐケア)を行う
  • 紫外線を防止する

大きくこの3つの対策を講じるようにすると良いでしょう。

保湿の徹底と、肌へのいたわり

シミが気になる人の多くは、日焼け止めを塗ったりメイクを厚めに重ねたり、美白ケアに力を入れたりして、満足を得ようと考えているのではないでしょうか。

でも、基礎的な部分が揺らいでないか、もう一度振り返ってみましょう。

肌にうるおいはありますか?
⇒ 足りないならしっかりと水分を与えましょう。

時間が経つと肌が乾燥しませんか?
⇒ 乾燥するなら肌をしっかり保護しましょう。

毎日メイクを厚く塗ってシミをごまかしていませんか?
⇒ ごまかすのは致し方ないですが、メイクの厚塗りは肌への負担も大きいです。

生活が乱れていたり、ストレスを抱えたりしていませんか?
⇒ もしそうなら、一度落ちついて改善法を考えましょう。体の健康こそ大切です。

上記は、肌の健やかさを保ち、ターンオーバーを整えるために欠かせないタスクばかりです。加齢やホルモンの関係でターンオーバーが乱れてしまうこともありますが、やれる範囲で対策に努めてみましょう。

顔のマッサージや表情筋体操なども、ターンオーバーを促進する上で効果的ですね。

メラニン生成を防ぐ、美白ケア

シミの原因となるメラニンは、未然に防いでやることも有用です。つまり、紫外線を浴びてしまった場合でも、なるべく生成されないようにしてやろうというわけですね。

これをいわゆる美白ケアというわけですが、このケアを行うにはこれに適した薬用化粧品を使います。しかし、美白ケアの薬用化粧品に対しては「保湿効果が足りない」「敏感肌には刺激になる」といった先入観があったりします。

そのため、保湿効果もあり、敏感肌に向けたものであることが明確な美白薬用化粧品を使うようにしましょう。その一例として、ディセンシアの《サエル》というものがあります。

《サエル》の化粧水やクリームには、チロシナーゼの活性を抑えてメラニン生成を抑制する「アスコルビン酸2-グルコシド」(ビタミンC誘導体)や、赤みに良い「グリチルリチン酸2K」(甘草エキス)が配合され、美容液にも、チロシナーゼ抑制の「アルブチン」といった有効成分が入っています。

加えて、高いうるおい効果のある保湿成分(ヒト型セラミドをカプセルに封じたセラミドナノスフィアなど)リラックス効果をもたらす天然の香り成分(ローズマリーエキスやローズ水など)も使われています。

一度検討してみても良いかもしれませんね。

美白薬用化粧品《サエル》の公式サイト
【日焼け後の肌に優しく美白訴求】サエルトライアルセット

紫外線防止

物理的にシミ発生を防ぐには、やはり日焼け止めを塗ることです。

でも、日焼け止めは、成分・強さなど本当に色々なモノがあり、肌に合う・合わないがあります。肌質や季節・紫外線暴露時間などを鑑みて、よく吟味してモノを選ぶことが大切です。

また、日焼け止めに頼り切ることなく、帽子や日傘なども有効活用したいところですね。日傘は、白よりも黒のほうが効果が高いと言われています。というのも、白い色は光を乱反射させてしまい、紫外線が顔に当たる率が高くなるからです。

紫外線を防止すべきなのは、夏だけに限りません。春や冬の日焼けも見逃せないです。うっかりしていると紫外線の悪影響を受けることになります。

美白ケアは一生続けるべきなのか

美白ケアを始めると、通常の保湿ケアができなくなってしまいます。美白ケアの薬用化粧品と通常の基礎化粧品を両方使うということは、経済的にもつらいですし、肌に負担もかかりますよね。場合によっては、効果の喧嘩も起きるかもしれません。

できるならば、スキンケアは通常の基礎化粧品で済ませたいところです。ただ、それはシミが気にならなくなればのお話なので、美白ケアの薬用化粧品を使うとなると、夜だけの使用(朝は通常のもの)とするのも良い方法でしょう。

美白ケアのための薬用化粧品といったって、薬でもなければ魔法でもないので、それでシミがパッと瞬時に消えるなんてことはありません。あくまでメラニン生成抑制によるシミ予防をした上で肌を整えていくだけです。自然排出を待つのみです。

要は、皮膚科などでシミ除去の手術を受けないことには、確実に消せない可能性もあるのです。しかし手術こそコストがかかり、リスクも伴います。それを考えたら、一生とまではいかずとも満足いくまで地道に美白ケアを続けていくのがベターかなとは思いますね。

それと、人間、老いていけば必ずシミは増えていきます。自然の摂理でしょう。無駄なシミは無いに越したことはないですが、もしちょっとくらいのシミで悩んでいるのであれば、(悩む気持ちは分かりますが)割り切ることもある程度必要かもしれませんね。