白いぶつぶつ

「ぶつぶつ」と一口に言っても色々なぶつぶつがあるわけですが、今回は、顔などにできる、白くて小さいぶつぶつについてのお話を展開していきたいと思います。

そう、あの、爪でコリコリやるとポロポロと落ちるやつのことです。指の腹などでその一帯をなでてみると、ザラザラしますよね。

そのぶつぶつは、一体何なのでしょうか?何が原因で発生しているのでしょうか?どう対策を講じれば解消することができるのでしょうか?当記事では、それらの点について一緒に考えていきましょう!

正体は?原因は?

白い小さなぶつぶつの正体は、ずばり毛穴の汚れです。汚れが毛穴(毛孔)から顔を出している状態です。つまり、毛穴の状態が悪いということになります。

毛穴の汚れにも色々なタイプがありますが、今回の場合は「白い」ということなので、コメド(角栓)または白ニキビということができるでしょう。これは、

  • 余分な皮脂が毛穴に詰まっている
  • ケア・メイク用品の成分が詰まっている
  • 皮膚の代謝が悪い

といったことが原因となって生じています。どれかひとつが原因である場合もあれば、複合的に原因となっていることもあり、今後の解決のためには、まず原因をハッキリさせることが必要ですね。

さて、心当たりはございませんか?ひとつずつ見ていきましょう。

余分な皮脂が毛穴に詰まっている

皮脂の分泌が必要以上に多い場合や、きちんと洗顔ケアが行われていない場合、毛穴に皮脂が詰まってしまい、かたまりとなってニョキニョキ顔を出すようになります。

多量な皮脂に由来するぶつぶつは、特に額部分にできることが多いです。額や鼻にかけては皮脂分泌が多いゾーンだと言われています(そのゾーンは、一般的にTゾーンと呼ばれている部分です)

ケア・メイク用品の成分が詰まっている

シャンプーやコンディショナー、メイク用品、日焼け止めなどの成分が落とし切れておらず、それらが毛穴に詰まって、皮脂と共にかたまりになってしまうパターンも考えられます。

夜、クレンジングや洗顔を省略してしたり、なかなか落ちにくいメイクなどをしていたりすると、このパターンのコメドが発生しやすくなります。成分自体が毛穴を刺激し、炎症を引き起こしてかゆみをもたらす場合もあるでしょう。

皮膚の代謝が悪い

皮膚(肌)の代謝が悪くなっていると、毛穴の中の汚れがうまく排出されなくなってしまいます。普通であれば、人間に元々そなわっている自浄作用によって外に出ていきます。

皮膚の代謝が悪くなってしまう原因としては、ストレス・疲れや不眠による自律神経のアンバランス、血行不良、敏感肌・極度な乾燥肌などが挙げられ、風邪や病気などが関係している場合もあります。

額から鼻にかけてのTゾーンに対して、Uゾーンという部分もあります。頬から下顎を通って頬に向かう顏輪郭ゾーンのことです。Uゾーンもまた、乾燥性のコメドやニキビが発生しやすい部分といえます。

皮脂の多いTゾーンであっても、洗いすぎやピーリングのしすぎによる乾燥を招いてしまうことがあります。

かゆみが伴う場合

中には、ぶつぶつがかゆいっていう人もいらっしゃると思いますが、かゆい場合は、乾燥していたり、異物があることで知覚的にかゆみを感じているだけだったり、毛穴内部で、ニキビの原因ともなる炎症が生じていたりするといったケースが考えられます。

異常といった視点で考えた場合は、蕁麻疹(じんましん)、湿疹をはじめとする皮膚疾患にかかっているケースもあるので、かゆみを伴っている場合は、面倒でも、とにかく皮膚科にかかるようにしたほうが良いと私は思いますね。

かゆみがなくても、異常を感じたのであれば、皮膚科にかかったほうが良いでしょう。インターネットであれこれ調べるより断然安心ですし、すぐに解決に至るかもしれません。

セルフケアによる対策

白くて小さいぶつぶつが現れたときは、上で挙げた原因に対応した対策を、きちんと行っていくことがまず必要です。そして、いったん解決しても、安堵せず、今後の再発を防止するためにケアを続けていくことも大切ですね。

ただ、皮膚科にかかられた方で、医師から指示があった場合は、それに従うようにしてくださいね。

クレンジングや洗顔を必ず!シャンプー後に

毎晩行うクレンジングや洗顔は、欠かすことなく必ず続けるようにします。濃いメイクをしているときは、しっかり落としていきましょう。「W洗顔がいけない」といった声もありますが、化粧品成分を肌に残したままよりは断然マシです。

タイミングは、なるべくシャンプー後が良いでしょう。シャンプーを後にやると、シャンプーの成分が肌に残りやすくなります。また、洗顔後はすぐに化粧水をつけたほうが良いので、なるべく手順は後回しにしたいところです。

なお、朝の洗顔も、睡眠中に剥がれ落ちた角質や出てきた皮脂を洗い流すために必要です。

洗顔直後に保湿のケアを行う

朝にせよ夜にせよ、保湿のケアをする際は洗顔をしっかりと行った直後にするようにします。風呂から出たときや、顔をぬるま湯で洗あった後は、肌が水分を効率良く吸収できるような状態になっています。

肌が湯冷めしないうちに化粧水をたっぷりとつけていきましょう。

ぶつぶつを爪で削ぎ落とさないようにする

ぶつぶつが出てくると、どうしても爪でコリコリとしたくなります。が、皮膚を傷つけてしまうので、削ぎ落とすのはなるべく避けるようにしましょう。

どうしても力づくで削ぎ落としたい場合は、白いぶつぶつや白ニキビ向けのマイルドピーリング用品を使うといった方法もあります。例えばですが、「チュルン」というものがあります。手順としては「洗顔 → チュルン → 通常の保湿ケア」でOKで、ぶつぶつをやさしく落としていくことができます。

10~20分パックすることになるので、その間は湯舟に浸かるのもアリですね。詳しい使い方は公式サイトに書いてあるので、是非一度参考にしてみると良いでしょう。やりたければ睡眠中にパックしっぱなしにすることもできるので便利です。

チュルンの公式サイト
チュルン

ストレスや疲れを溜め込まないようにする

肌の新陳代謝が落ちてしまうと、毛穴の汚れが溜まりやすくなり、また皮膚も固くなって汚れが落ちにくくなってしまいます。これらのケアには、上に書いた洗顔や保湿がとても大切なわけですが、ほかに忘れてはならないのは自律神経の働きを整えることです。

ストレスや疲れの蓄積は、自律神経のバランスを左右します。自律神経は呼吸や体液循環にかかわっていますが、バランスが崩れると、血液の流れも悪くなることがあります。

肉体的なストレス・疲れが溜まったら、しっかり休養睡眠をとりましょう。精神的なストレス・疲れが溜まったら、趣味などに没頭して快楽感を得るようにしましょう。

ほか、体の内部をいたわることも大切ですね。例えば、栄養バランスをきちんと考えた食事をとるようにするとか、酒を飲みすぎないとか、タバコを吸わない努力をするとか。そういった生活習慣の改善も、肌の状態を良くするためには忘れられないタスクですよね。

放置すると・・・?

白くて小さいそのぶつぶつを放置しても、何も変化がない場合もあれば、より大きな白ニキビができたり赤い炎症性のニキビができたりすることもあります(もし疾患であれば別の症状が出てくることもあるかもしれません)

どんな結果になるかは実際に放置してみないことには分かりませんが、とにかく、現時点で「良い」とは言えない状態になっているということはゆるぎのない事実です。

かゆみや痛みを伴う場合、異常だと感じる場合は皮膚科に通い、それ以外の場合は、きちんと自宅でセルフケアを続けていくようにしましょう!