体臭を改善!臭いを消したい!

汗ばむ季節になってくると、きっと誰もが少しは気にするのが「体臭」です。もろに自覚する人もあれば、人の反応を見たり、人から指摘を受けたりして気付く人もあるでしょう。

「自分は臭っていないだろう」と思っても、脱いだ上着の脇の部分に鼻を近づけてみると、やはりプ~ンと臭うことがあります。誰しも、少なからず体臭というものは持っているものです。動物ですからね。

しかし、肌や体のケアを間違っていると、体臭も悪化しかねません。例えば、「しっかり洗えば消せる」という考えは、実は体臭の一原因。今回の記事では、体臭の発生原因や、改善のための正しい対策法についてお伝えしていきます。

体臭の発生原因

体臭がなぜ発生するのか、その原因をある程度抑えておくことで、その後の対策も方向性を定めやすくなります。あらゆる原因があるので、なるべく広い視野を持って確認してみましょう。

汗や皮脂

一番大きな原因であり、誰にでも共通するものが、汗と皮脂による体臭発生です。夏などの汗ばむ季節に臭うことが多いのは、ずばり汗と皮脂が大きく関係しています。

元々汗は臭いませんが、湿ったところに雑菌がわくことで臭いを発生させます

皮膚にある汗の出口には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」がありますが、特に「アポクリン汗腺」から出る汗は、アンモニアや尿素、脂質などが含まれ、それらが皮脂と混ざり、雑菌がその混合物をエサにしようと寄り付きます。

アポクリン汗腺は、脇や陰部などに多く存在しますが、生まれながらにして、より多くのアポクリン汗腺を持つ人もおり、そういう人こそ体臭を放ちやすい傾向にあるでしょう。

洗いすぎ・拭きすぎ

「洗えば臭いは消える!」というのは、半分正しく半分間違った考え方です。

臭いの大きな元となる汗や皮脂を洗い流すことで、たしかに臭いは一掃できます。毎日きちんと洗わなければ、おそらく体臭は日増しに強くなっていくことでしょう。

しかし、洗えば洗うほど、肌は乾燥し、その乾燥を防ごうと皮脂がたくさん分泌されてしまいます。こうして、臭いやすい環境が整うのです。

洗うのみならず、制汗シートなどで拭き取りすぎるのも、肌の乾燥を進行させたり負担を与えたりして、肌の環境が悪くなることがあります。ほどほどにしておくことが望ましいでしょう。

ストレス

人間は、ストレスを感じるときには交感神経という自律神経が優位に働き、発汗や皮脂分泌を促します。緊張したときや不安を感じたときに、嫌な脂汗や冷や汗が出るのはそのためです。

ここから先はもうお分かりかと思いますが、ストレスで汗や皮脂の分泌が増えると、その分臭いやすい環境が整ってしまうことになります。

運動不足

「体を動かして汗をかくと、余計に臭うじゃない」と思う人もいるかもしれませんが、実は、運動不足が続くと、体のめぐりは悪くなっていき、かえって体臭を放つことがあります。

血液は、心臓や筋肉の力で体中をめぐります。しかし、運動不足がたたると筋肉は衰え、酸素供給の質が低下し、体に疲労物質(乳酸)が溜まりやすくなります。乳酸は、今度はアンモニアの増加をうながし、これが汗に混ざります

さらに、アンモニアによって肌はアルカリ性に傾くのですが、アルカリ性は雑菌にとっては好都合な性質なので、臭いの発生につながりやすくなります。

無酸素運動のやりすぎ

運動は大切ですが、体に強い負荷をかける無酸素運動の場合は、かえって疲労物質が溜まり、臭いを放つ原因となりかねません

無酸素運動の例としては、筋力トレーニングや短距離走、苦しい水泳、ウエイトリフティングなどです。

老化

老化によるめぐりの悪化も、上記の運動不足のごとく臭いの発生の原因となります。ともすると、いかに体を若々しく保っておくかが大切だと分かりますね。

また、老化による体質変化(ホルモンバランスの変化など)も、体臭を放つ原因となるでしょう。

臭いやすい食べ物

ニンニク、ラッキョウ、ニラ、タマネギなど、臭いやすい食べ物を含んだ料理を食べた後は、汗が臭いを放ちやすくなります。

ほか、脂質や糖質が多い食べ物は皮脂量を増やしますし、辛い食べ物も汗を増やし、肌の環境の悪化につながることがあります。悪い食べ物でなくても、臭いにつながることがあるということは、常に意識しておくと良いでしょう。

衣類の半乾き

体から臭っているのではなく、衣類から臭っている可能性もあります。

東京都などの場合、梅雨の時期は湿度が高く、衣類はすごく乾きにくい状態になります。このとき、衣類に雑菌がわいて、衣類に染みついている(落とし切れていない)汗・皮脂などをエサにして臭いを放つことがあります。

洗濯機で入念に洗っても、なかなか完全には洗い切れません。いかにきちんと乾かすかがカギとなるでしょう。

正しい体臭対策法とは

では、体臭を改善するための正しい対策法について見ていきましょう。是非できるところから手を付けていってはいかがでしょうか。

まずはきちんと毎日体を清浄にする

基本としては、毎日きちんと体を洗うことです。一日の汗と皮脂を流していきましょう。

丁寧に優しく洗う

洗うときは、決してゴシゴシこすったりせず、泡を立てたりなめらかに滑らすようにして、丁寧に優しく洗っていきましょう。強すぎると肌が乾燥して皮脂が増えるのみならず、荒れてしまうこともあります。

もちろん、洗ったあとも、タオルで拭き取るときは優しく押さえるようにして拭き取りましょう

なお、臭いやすい部位は、脇、陰部、耳、乳、へそなどです。アポクリン汗腺がない足の裏も、蒸れて異臭を放ちやすいので、忘れずに洗っておきましょう。

乾燥したら保湿する

洗ったことによって乾燥した場合は、なるべく保湿し、ちょうど良いうるおいを保つようにすることが大切です。

夏はまだしも、冬などは本当に乾燥しやすいものです。臭いを抑える機能と保湿機能が合わさったケアアイテムがあれば、そういったものを使ってみると効率良くケアできるでしょう。

制汗する

制汗することは、何より直接的な効果をもたらしますね。

制汗アイテムといえば、拭き取りシートや、制汗スプレー、制汗ジェル、制汗ロールオンなど色々ありますが、基本的には使いやすいものを使えば良いかと思います。

ただ、シートの場合は拭き取りすぎないように気を付ける必要がありますし、スプレーだと効果の持続時間が短いというデメリットがあります。また、どのアイテムであっても、清潔に保管しておかないと、かえって雑菌付きの成分を肌に塗ってしまうことにもなりかねません。

ここでアイテムの一例を挙げると、制汗・殺菌・保湿に良いものとして〈デオシーク〉というものがあります。臭い対策のみならずスキンケアにもこだわっている興味深いアイテムです。是非一度検討してみてはいかがでしょうか。

>> 【女性】デオシークの公式サイト

>> 【男性】デオシークの公式サイト

有酸素運動を定期的に行う

ウォーキング、サイクリング、エアロビクス、歌唱、遊泳などといった有酸素運動を定期的に行うようにすることで、体のめぐりを良くすることができ、体臭の抑制につながるでしょう。

忙しいと、なかなか運動する時間は取れないかもしれませんが、時間というのは作るものです。どうか、有酸素運動の時間を確保するように努めてみてください。帰りに一駅手前で降りるというのでも良いでしょう。じっとしていることが多い人の場合は、休憩時間に体操をしてみるのも良いかもしれませんね。

有酸素運動は、ストレス解消や体の衰えの緩和にも大きな力を発揮することと思います。是非積極的に取り組んでみてください。

臭いやすい食べ物をなるべく控える

好きな食べ物を我慢しろとまでは言えませんが、誰かと至近距離になることが予想される場合は、なるべく臭いやすい食べ物は控えたほうが良いでしょう。

ニンニク、ラッキョウ、ニラ、タマネギをはじめ、発汗を促す食べ物や、元々臭いのきついカレーや納豆なども控えるが吉かもしれません。もっとも、強い臭いのするお店に入るのも、衣類に臭いが付着するので控えましょう。

衣類はしっかり洗ってしっかり乾かす

意外に臭いの原因となる衣類の半乾き。これを解決するには、殺菌成分が入っていてしっかり洗える洗剤を使うこと、そして、干すときには可能なら紫外線に当て、十分にしっかり乾かすことが肝心です。

しかし、梅雨の時期はどうしても思いどおりにいかないことがありますよね。そういう場合は、ドライヤーで乾かしたり、殺菌成分入りの消臭剤をかけたりすると良いでしょう。

洗えない服の場合、スチームをかけてみることも方法のひとつです。

病気の可能性とその治療について

以上では、あくまで病気ではない範疇でお話を進めてきましたが、可能性として、病気や薬などによって体臭が発生しているケースもあるかと思います。

例えば、糖尿病、胃腸の病気、甲状腺の病気、腎臓病、肝臓病、皮膚病、魚臭症(トリメチルアミン尿症)、多汗症など、さまざまなものがあります。

そういったケースが考えられる場合は、医師との相談の上、別途対策を練り、必要があれば治療へと踏み込んでいただくのが良いでしょう。

今回のお話は以上です。幅広い視点で体臭対策を練り、変な臭いなんかとはおさらばしてしまいましょう!