冬から春にかけての日焼け

冬から春にかけては、徐々に日が長くなり、日差しも少しずつ増してきます。空気の乾燥によるカサカサ肌や春特有の敏感肌などのケアが大変になる一方、日焼け対策にも腰を入れていくべき頃です。

「冬や春は、どうしても日焼け対策をサボってしまう」という人は、ここで、今一度日焼けについて考えてみましょう。

たしかに冬は日焼けしにくい季節で、春だってまだまだ余裕な感じがします。が、上記のように、乾燥肌や敏感肌であるとダメージは大きい。それに、雪が積もったときには、冬であっても要注意なのです。

冬の日焼け

ではまず、冬にもたらされる日焼けとその原因について考えていきたいと思います。

冬の紫外線量は意外に多い

冬は、最も日差しが弱まるとき。日も短くて、日焼けの心配が最も少ない季節といえます。

しかし、データとしては意外に「多い」ということが分かっています。

紫外線には、肌を黒くするUV-A波、肌を赤く焼くUV-B波(皮膚癌の原因)、そして最も危険なUV-C波(これは地表に達しない)がありますが、UV-A波は冬であっても夏のときの半分もの量が降り注ぎます。単純に、2倍の時間長く日に当たれば夏と同じだけのUV-A波を浴びることになります

 もちろん、衣食住環境、時間、天候、場所などによって変動します。

積雪による紫外線反射

また、冬といえば「雪」がネックで、積雪があったときは日焼けをする率も高くなります。

新雪の場合の紫外線反射率をご存知ですか?なんと80%も反射するのです。あたり一面が白銀の世界である場合、四方八方からバンバン紫外線が反射してきます。これがなかなか侮れません。

まあ、東京の場合は雪が積もる日は少ないですが、雪がたくさん降る地方にお住まいの方は、冬の日焼けは十分に注意したいところですね。もちろん、東京の人でも、積雪時には細心の注意を払いたいものです。

乾燥肌へのダメージ

冬は多くの人が乾燥肌に悩まされますが、乾燥しているなら、肌が整った状態であるとは到底いえません。つまり、肌が最高に整っているときに比べると、弱っている状態であるといえましょう。

弱っている、つまり、紫外線をはじめとする外からの刺激に負けやすくなっているわけです。冬だからと紫外線対策をサボってしまうと、思いのほかダメージを受けることにもなりかねませんね。

春の日焼け

次は春の日焼けとその原因についてです。

長くなる日、多くなる紫外線量

12月の冬至の頃は一年で一番暗いときなのですが、それを過ぎると日が長くなり、1月に入れば「だいぶ日が長くなってきたなあ」としみじみ感じる日も多くなってきます(とは言っても依然として短くはありますけれどね)

日は、夏に向かってだんだん長くなり、春はその途上にあります。日が長くなればなるほど日差しを浴びる時間も長くなりやすく、同時に日焼けしやすくなるのも想像に難くないと思います。

ところが、紫外線量は3月頃からうなぎ登りをします

びっくりするかもしれませんが、一年のうちでUV-A波が最も多く降り注ぐのは、なんと5月頃!「ピクニック日和だな~」って日焼け対策もせず呑気に外で遊んでいると、肌が黒くなってしまったりします。一方、UV-B波は8月頃に最も多くなりますが、5月頃には3月頃の2倍の量に倍増します

  もちろん、地域や場所などによって変動します。

敏感肌へのダメージ

春という季節は、気候の変動も激しく、また花粉や黄砂などによる影響も被りやすいものです。そのせいで、体調が不安定になり、肌にも余波が来て敏感肌になってしまうことがあります。もちろん、冬から続く乾燥も一因にあります。

敏感肌は深刻な肌不調をきたします。肌が外的な刺激に負けやすくなっていて、細かい傷がついたり、微炎症が生じたり、日焼けしやすくなったり、ニキビができやすくなったりと、(個人差はありますが)さまざまな肌トラブルに見舞われます。

また、いったん傷んでしまうとなかなか元に戻ってくれないのも敏感肌の大きな特徴でしょう。負のスパイラルに入ってしまった状態と言えるので、入念なスキンケアや、肌をいたわるための生活改善などが必要となってきます。

夏にやるような日焼け対策が必要?

上記から、冬や春であっても日焼け対策が必要であるということがお分かりになったかと思います。

でも、先に結論を述べると、「夏にやるような日焼け対策が必要なのか?」といったら、別にそこまでは必要ないと思います。

強すぎる日焼け止めは逆効果

日焼け止めには、SPFとPAのそれぞれの値が与えられていますね。SPFはUV-B波を防ぐ効果を数字で示し、PAはUV-A波を防ぐ効果を + という記号で示しています。いずれも、効果は値が大きくなるほど増します。

「ならばSPF値やPA値は高いほうがいいね!」と思ったら大間違いで、冬や春は値をおさえたものをおすすめします。というのも、値が大きいほど肌への負担も大きくなってしまうからです(特に紫外線吸収剤使用アイテムの場合)

必要以上に負担は与えなくないと思いますので、適した日焼け止めを使うことが一番です。とはいえ毎日とっかえひっかえしていても埒(らち)が明かないので、だいたいSPF20~30 &PA++ の物がひとつあれば、冬や春のレジャーに使えます(日常生活時ならもっと弱い物でもOKでしょう)

ただし、時と場合にもよります。春であっても、薄着で直射日光を一日中浴びるような日は、もう少し高い値が良い場合もあります。冬であっても、雪山でのスポーツを行うときは、顔の万全な日焼け防御も大切ですね(標高が高くなるほど日焼けしやすくなります)

臨機応変に対応していきましょう。

日傘やマスク、眼鏡でも対策しよう

日焼け止め以外にも、さまざまな対策グッズがありますよね。

パッと思い付くところでいえば日傘。これは荷物になってしまう点が難点ですが、ピクニック時に差せば効果は大きいです。黒い日傘のほうが白いのよりも良いです(白いのは紫外線を乱反射するため)。ただ、個人的に、黒はオシャレ難易度高いと思います(^^;)

ほか、肌やノドの乾燥対策や花粉対策で使うマスクも、紫外線をさえぎるには良いですね。ただ、マスクをしたところとしていなかったところで肌の色が変わってしまうもしれないのが難点です。

眼鏡も、UVカットレンズをはめた物を使うことで、目の周りの日焼けや目そのものへのダメージを減らすことができますね。

日焼け止めを塗り、マスクと眼鏡を併用し、あとは日傘を差せば、ひとまず顔防御は完了です。が、あまり頑丈すぎるとちょっと近づきがたいオーラを放つことにもなりかねないので、外見を気にするならばバランスも大事になってきそうです。

「暑くなければ大丈夫!」の誤解

東京の場合、冬は春は暑さを感じることがほとんどありません。冬はもちろん春も寒い時期が長く、暑いと感じる日が増えてくるのは5月になった頃くらいからです。

寒かったり涼しかったりすると、どうしても私は「日焼けしない」というイメージが先行してしまいますが、あなたはどうでしょうか。

実は、暑さや暖かさをもたらしているのは紫外線ではなく赤外線です。つまり、「暑くなければ大丈夫!」というのは誤解です。紫外線は0にはならず、冬であっても決して少なくない量の紫外線が降り注いでいるのです。

暑さを感じないと、思わず日焼け対策をサボりがちになってしまう私ですが(笑)、あなたには今回のお話を参考にしていただきたいと思います。しっかりと日焼け対策を遂行なさってみてくださいね♪

《冬から春、そして夏の日常生活にもオススメな日焼け止め乳液》