おでこにニキビのようなぶつぶつ

ケアをしていると、「あれ?私のおでこ、ざらざらしてるぞ?」と思うことが多々ありませんか?

しっかりシャンプーして洗ったのに・・・。寝る前の保湿ケアで鏡を見て溜め息。

よく見てみると、何やらニキビのような白っぽいぶつぶつが細かく点在・・・。しかもこれ、なかなか消えてくれないんですよね・・・。

そこで今回は、そういったおでこのニキビのようなぶつぶつが一体何なのかお伝えし、原因、そして対策について順に一緒に考えていきましょう!

ぶつぶつ=コメド!? 原因は?

ぶつぶつといっても、それはかなりあいまいな表現。人それぞれで、大きさ、数、できはじめの時期、種類などは、きっと異なるものと思われます。

ただ、多くの人が悩んでいるぶつぶつは、ごく小さく、おでこにバーッと点在しているものかと思われます。

一個一個の大きさは目立つほどのものではないですが、中には、気になって仕方がない方もいることでしょう。

そのよくあるぶつぶつの正体は、たいてい「コメド」です。

コメドとは?

愛知県名古屋市を中心にコメダ珈琲店という喫茶店が広がり、東京にも進出しているようですが、今話にでてきたのはコメダではなく、コメ「ド」です。

そう、日本に点在するのはコメダで、おでこに点在するのはコメドです。

・・・というのは冗談として、、、

コメドは、面皰(めんぽう)と呼ばれ、いわば毛穴に皮脂や汚れが詰まったもののことを指します。

もっと深刻な表現をするなら、白ニキビといっても良いでしょう。「ニキビのようなもの」ではなく「ニキビそのもの」なのですね。

コメドは、おでこや頬の下やえらのあたりにできやすい傾向にあります。おでこを空、口や鼻を地上とたとえると、コメドの広がるおでこは、まるで星空のようです(でも嬉しくない!)

なぜ、コメドはおでこにできやすい?(原因)

コメドができる原因は、「白くて小さいぶつぶつが顔に!これは一体何物なのか?」という記事でも書いたように、以下のとおりです。

  • 余分な皮脂が毛穴に詰まっている
  • ケア・メイク用品の成分が詰まっている
  • 皮膚の代謝が悪い

それで、なぜおでこばかりにできやすいのか?というと、それは以下の事柄が考えられるでしょう。

  • おでこや鼻筋といったTゾーンは、皮脂の分泌が多い
  • おでこは、シャンプー・ヘアケアコスメの成分が残留しやすい

コメドは、皮脂や汚れが毛穴につまり、かたまりとなったものです。コスメの成分が毛穴に詰まり、皮脂と混ざり合うことで、いとも簡単にコメドができ上がってしまいます。

私のおでこも、一時期凄まじいくらいに細かいコメドが広がり、まるで満天の星でした。

そして美容師(かエステティシャンだったか忘れましたが)に質問してみたところ、「シャンプー剤が洗い流し切れてないのかも」と指摘されました。そして続けて言うには、「おでこのぶつぶつの最大の原因は、シャンプーにあります!」と。

ぶつぶつさよなら対策

以上でお伝えした原因を知ることで、対策の方向性も見えてきたことと思います。

以下に示す対策をコンスタントに実行していき、だんだんコメドが気にならなくなると良いですね。

基本的なケア

  • シャンプー後は成分が残らないよう十分に洗い流す
  • クレンジングをしっかりやってメイクを落とし切る
  • おでこの保湿ケアもきっちり行う

詳しくは、先ほどもちらっとご紹介した「白くて小さいぶつぶつが顔に!これは一体何物なのか?」という記事の中の「セルフケアによる対策」の項で述べているので、是非そちらでご覧いただきたいと思います。

やってはいけないこと

「これはやってはいけない」という事柄もあります。

以下のことをやってしまうと、肌荒れを引き起こしたり、余計にコメドができやすくなってしまいます。

  • おでこを掻いて、コメドを削ぎ落とす
  • 洗いすぎてしまう
  • 根拠なくニキビ向けの炎症薬を塗る

爪があたると、肌が傷みます。

おでこは幸運を呼ぶ部位とも言われているので、大切にしたいものですね。洗うことも、大切ではありますが、やり過ぎたりこすりすぎたりするのは乾燥肌を招くので禁物です。

あと、コメドは白ニキビですが、いわゆる炎症性の赤ニキビとは別物なので、医薬品は塗らないほうが良いかなあと思います。

もちろん状態によって変わるので断言はできません。気になる方は皮膚科医に相談されると良いでしょう。

たまにピーリングをしてみるとベター

逆に「やってみるのがベター」というケアは、ピーリングです。

ご存知の方も多いと思いますが、ピーリングとは、肌の汚れやコメドを削ぎ落とす作業のことをいいます。

「ピーリングは駄目だ!」と書かれているサイトは多く、私もそれを否定するつもりはありません。

でも、正しくやれば効果的です。できれば1,2週間に1回ほど行うのが良いかと思います。使うコスメも、なるべく肌に負担が少なく、保湿力のあるタイプのものが良いでしょう。

しかも、コメドのピーリングにふさわしいコスメを選ぶことがポイントになってきます。

コメド向けのピーリングアイテムはなかなか見つかりませんが、良さそうなのをひとつ見つけたのでご紹介しますと、〈チュルン〉というアイテムです。

顔のぶつぶつで悩む人の多くが使っているようで、塗っては落とし塗っては落とし、を繰り返すことで、少しずつツルツルになる!といったものです。

一度見てみてはどうでしょうか?

>> 白ニキビ用ピーリングパック【チュルン】はこちら

コメドを放置するとどうなる?

最後に、コメド対策をせずにそのまま放置したらどうなるのか、お伝えして終わりたいと思います。

少し逆説的になりますが、よくあるあの赤ニキビがいったいどういうものか、説明することはできますでしょうか。

赤ニキビは、要は、毛穴がそこだけボツンと炎症を引き起こして盛り上がってしまっているものです。

なぜ炎症を引き起こしたかというと、雑菌が侵略してきたからです。

その雑菌は、皮脂や汚れの油分が大好き。油分をエサにして毛穴に入り込み、粘膜が反応して炎症してしまうわけです。

つまり、コメドを放置しておくと、やがては詰まりに詰まって、肥大化した白ニキビとなり、赤ニキビと化してしまうのです。

おでこの場合は、口や鼻の周りにできる赤ニキビほどでかくはならないかもしれませんが、見た感じ、赤みを帯びたおでこになりかねません。

もし炎症が生じてしまったら、改善策は絞られてきます。

ケアを続けて自然治癒することもありますが、ドラッグストアなどで薬剤師と相談してニキビ薬を買って塗ったり、皮膚科で診てもらって治療したりすることが望ましいといえます。

いったん炎症を引き起こすと負のスパイラルに陥りかねないので、まだぶつぶつしたザコの状態から、しっかりケアをしていって、ニキビの成長を妨害するようにしましょう!