春の肌荒れは花粉のせい!?

春になると、急激に「肌が荒れたなあ」と感じる人が多くなりますよね。ただの乾燥肌というわけではなく、ガサガサした感じになるわけです。

私も経験があります。「なんか肌がかゆくて腫れぼったい感じがするなあ」「毛穴も少し開き気味になっている気がするなあ」と、3月から4月にかけて感じたことがあります。5月くらいには落ち着きますが、やはり肌荒れはゴメンです。

そこで今回は、そんな春の肌荒れの原因と対策について考えてみました。この季節のキーワードはやはり「花粉」。これにひとつのヒントが隠されていそうです。

花粉による肌荒れとは

夏は日焼け。冬は乾燥。そして春といえば花粉(主にスギやヒノキ)です。「花粉症」という言葉も、1月の半ばあたりから頻繁に聞かれるようになり、だいたい3月頃にはピークを迎えますね。いやなアレルギー症状です。

さて、今私は「アレルギー症状」と書きましたが、実は、くしゃみや鼻水などだけでは済まないのが花粉症なのです。アレルギー症状は肌にも現れます。

微炎症が生じ、赤みが出る

花粉症による鼻のズルズルや咳は、風邪のときと同じように鼻からノドにかけての炎症が原因となって起こっています。同様に、肌でも微炎症が生じることがあります。

季節を問わず肌に炎症が生じて赤みが出ている人もいますが、特に春先は、どんなに気を付けている人でも、花粉症という厄介なものによって赤みが出てきてしまうのです。

微炎症が生じているということは、肌が腫れぼったくなったりかゆくなったりするというわけです。

花粉症でなくても肌荒れに

しかし、元々花粉症を持っていない人でも、春先は肌荒れに悩まされることが多い傾向にあります。では、それはなぜでしょうか?

当然ながら、花粉は異物です。「花粉を水に溶かして肌に塗ったら、ツヤが出て肌が元気になった!」なんてヘンテコな人はいませんよね。もしそんな人がいたらお目にかかりたいですが、ともかく花粉は人体には必要のないものです。

となると、それが肌に付着すれば、体の自然な反応として炎症が生じるのです。それを刺激性皮膚炎といいますが、炎症を起こすことによって、異物を排除しようとするわけですね。

すると、肌は赤みを帯び、またかゆくなります。肌の機能もかなり不安定になっているため、キメが粗くなったり乾燥したりします。たかが花粉ごときで、面倒な悩みを抱えることになってしまうのですね。

降りかかるのは花粉だけではない

花粉だけではありません。春は偏西風によって黄砂も降りかかってきます。かねてより、日本では「おぼろ月」「かすみか雲か はた雪か」といって春がすみをいつくしんできました。が、実はそれらは黄砂が原因なのでは?といった声もあがっています。

黄砂自体人体にとっては異物ですが、黄砂には有毒な化学物質や病原体もくっついているといった指摘もあり、異物もいいところの異物と言えましょう。

そんなものが肌に付着すれば、当然肌に刺激になります。皮膚炎を起こす可能性が大きく、肌荒れに悩まされます。

春は花粉が多く飛びますが、このように黄砂もあなどれないのです。

肌・体そのものの変化にも原因がある

上記では、花粉や黄砂といった “外からの刺激物” に注目しましたが、今度は視点をあなた自身の肌・体に移してみましょう。

体調と気候の変化

まず春先には、秋同様に体調を崩す人が多いです。なぜかというと、気候の変化が激しいからです。

冬は常に寒く、夏は常に暑い。しかし、秋や春は、朝晩冷えたと思えば日中暖かくなったり、暖かめの期間が続いたと思ったら寒めの期間が続いたりと、気候が不安定です。もっと分かりやすく言えば、秋も春も、着る物に困ってしまう季節といえますよね。

そういう季節は、体調も不安定になりやすいものです。自律神経のはたらきによって体温や免疫機能を保っているわけですが、気候が落ち着かないと、自律神経もてんやわんや。すると体温調節や免疫機能保全が不完全になります。

その結果、風邪菌を拾いやすくなったり、血行が悪くなったり、肌が荒れたりニキビが増えたりします。そして、肌の内部の機能も不安定になってしまい、うるおいが不足したり皮脂膜のバリアがうまく働かなくなったりしてしまいます。

しかも、お歳を召された方だと肌も体も弱りやすいですし、女性ならホルモンバランスの影響で肌がゆらぎがち。特に黄体期にある方だと、プロゲステロンのはたらきによって肌が荒れやすくなっています。

このように、春は人間の生活面だけでなく、体の内部も忙しいものです。肌荒れが起こる条件が揃いやすいと言えるかもしれませんね。

強い体、安定した体であれば

春は体調も不安定になりやすいと説明してきましたが、動じない人がいるのも事実です。ほとんど風邪を引かない人、あまり肌に影響が出ない人もいるわけです。

人それぞれ体質というものがあるので一概には言えませんが、やはり、気候の変化に柔軟に対応できる体であれば、体調不良や肌荒れに悩まされる率も低くなるのではないかと思います。

では、どうすればそういう強くて安定した体になれるのでしょうか。これについては後述しますが、ざっくり言えば、まずは日頃の生活を改善することですね。

肌を強くする対策

肌を強くしていくのは、並大抵のことではありません。そもそも、人間は歳をとるごとに衰えていくものです。これは目を背けたくなる現実かもしれませんが、受け入れて前向きに頑張っていくほかありません。

そのため、ここでは、「肌のレベルを上げる」というよりは「本来の肌の調子を保つ」ということを考えてみましょう。

例として以下の対策があります。これらを一日も早く実行することで、春先の肌荒れの回避率が上がるでしょうし、いざ肌が荒れても回復を早めることができるかもしれません。

  • 栄養満点の食事を偏りなくとる
  • 胃腸の調子を整える
  • 睡眠の質を向上させる
  • 体を冷やさないようにする
  • 適度な運動を心がける

とりあえずこの5つです。これらをコンスタントに行うことが大切です。以下にて簡単に解説していきます。

栄養満点の食事を偏りなくとる

よく、「花粉対策にはビタミンほにゃらら~!」「肌荒れにはこのミネラル!」という感じで、特定の栄養素ばかりが大々的に紹介されますが、肌の調子を整えるにあたって、摂るべき栄養素は特定できません。

肌に最も良いとされる栄養素があっても、そればかり摂っていても他栄養素との相乗効果が薄れたり、場合によっては肌以外のところに不調が出ることもあります。さらに言うなれば、どの栄養素も肌にとっては大切なので、満遍なく摂っていきたいところです。

第一、特定の栄養素ばかり気にした食事ばかり考えていたら、せっかくの愉しい食卓がつまらないものになってしまうと私は思うのですが、いかがでしょうか。

さて、ともかく、栄養バランスの良い食事をとることが、健康な肌づくりには必要です。お菓子ばかり食べすぎたり油っこいものばかり食べすぎたりせず、緑・赤・黄の食べ物を、好き嫌いせずにきちんと食べていきましょう

※ サプリメントに頼る人もけっこういると思いますが、なるべく食事で栄養をまかないたいものですね。サプリは服用方法を間違えると体に良くないことがありますので。

胃腸の調子を整える

胃腸(特に腸)の調子は、肌の調子とも深くつながっているように思います。私の場合、胃腸に優しい食事を心がけたところ、肌の調子が良くなり、また風邪も引きにくくなりました

腸が体の代謝・免疫機能と密接な関係があるというのは有名な話です。一部では腸こそ第二の脳だとも言われているくらい、腸は超大切な器官です(寒いこと言ってゴメンナサイ)

まだまだ解明されていないことはたくさんあると思いますが、胃腸の調子を整えて損はないでしょう。

睡眠の質を向上させる

睡眠も、ストレスを軽減して自律神経を整えるためには大切なことですね。

睡眠時間を増やすことができれば良いのですが、現実問題、それはなかなか難しいと思うので、なるべくリラックスして睡眠をとれる環境をつくることのほうが現実的かもしれません。

体を冷やさないようにする

体が冷えると免疫力が低下してしまいます。冬は一日中寒いので防寒対策しやすいですが、春先は、日中暖かくなるため厚着をしなくなる人も増えてきます。その調子で夜を迎えると、気温がグッと下がる関係で体を冷やしてしまう可能性があります。

特に夜の睡眠中の冷えは春にも起こりえるので、気を付けたいところですね。

適度な運動を心がける

体の代謝・血行を良くするには、運動も欠かせませんね。あまり体を動かさないと、血流が悪くなり、老廃物も体に溜まりやすくなってしまいます。すると肌の色がくすんだり、肌荒れが生じたりしやすくなってしまうのです。

冬から春にかけてはまだまだ寒い日も多いですが、室内でも良いので、体を動かす時間を作りたいものですね。

肌を守る、手っ取り早い対策

肌を強くする対策は、コンスタントに続けていくことで効果が出てくるというものです。なのでじれったいはずなんです。

そこで、花粉や黄砂から肌を守る手っ取り早い方法は、やはり、肌をバリアして花粉や黄砂の刺激を少なくすることです。つまり化粧品に頼ることになります。春先の肌は、冬に引き続き保湿も重要な役割を担うので、必ずやっていきましょう。

敏感肌向けのスキンケアが良い

冬や夏も敏感肌である人も少なくないですが、春先は特に敏感肌になる人が増えます。それはつまり、(先ほどからお伝えしている)不安定な肌、弱った肌のことを指します。

そういう弱った肌は、乾燥しやすく微炎症も生じがち。うるおいをしっかり与えることは当たり前のことですが、なるだけ低刺激化粧品を使うことと、敏感肌のケアに適した整肌重視の基礎化粧品を使うのが良いかと思います。

もちろん、化粧水だけでは足りないので、油分でしっかり蓋をして、うるおい保持と外からの刺激(花粉等)から肌を守ることも必要です。

「そういう化粧品って何があるの?」と思った方もいらっしゃるかもしれないので、ほんの一例を載せておくと、ディセンシアの《アヤナス》です。しっとりとした使い心地とラベンダーなどによる香りも癒しになるかと思います。

《アヤナス》の公式サイト
【肌荒れ訴求】アヤナストライアルセット

マスクの着用

もっと手っ取り早いのが、マスクを着用する方法ですね。大きめのマスクを着用すれば、物理的に花粉や黄砂の付着や吸引を防げます。

ただ、表情を見せることもコミュニケーション上大切なことなので、人と会うときはあまりおすすめできる方法ではないかなあと個人的には思っています。

帰宅後、軽く顔を水洗いする

花粉や黄砂を肌に付着したままにするのは、あまり良くないと言われています。そのため、帰宅したら玄関先で花粉を払い、すぐに軽く顔を水洗いすると良いかと思います。

ただ、水洗いをすることで、せっかく塗った化粧・メイクが落ちてしまうといったデメリットもあります。そうなったら塗り直しが必要となることがあります。なので、その時々に応じて、洗うか洗わないかを決める必要があるかもしれませんね。

状態が酷い場合は病院へGO

肌荒れの度合いは人それぞれだと思います。もし、赤く腫れあがってどうしようもない場合や、ヒリヒリとした痛みが増幅してきた場合、ほか、気になって仕方がない場合は皮膚科に行くのが良いでしょう。

または、花粉症の場合は、皮膚科よりも先に耳鼻咽喉科や内科にかかるのが良いかと思いますね。

という具合で、今回は以上です。春の肌荒れは、長いと5月まで続くこともあるでしょう。ケアさえ続けていけばいずれ元に戻る可能性が高いので、怖がる必要はないと思います。が、ケアをサボるようなことだけは避けたいものですね。