日焼け止め塗ったのに赤く焼ける

家族・友達あるいは最愛の人と共に外出を楽しんだ後、いざ鏡で自分の顔を見てみると、顔が赤く焼けていた!・・・そんな経験、ないですか?

外出前にきちんと日焼け止め成分の入った化粧品でしっかり紫外線対策をしたはずなのに、なぜ、肌は焼けてしまったのでしょうか。「化粧品の役立たず!」と憤慨したくなりますよね。

そこで今回は、その原因と、どうすれば焼けないか?といった対策などについて考えていきたいと思います。

なぜ塗ったのに焼けた?【原因と対策】

焼けてしまった原因は、大きくはひとつです。当たり前なことでもあるにもかかわらず、意外に忘れがちなのが、そう、「塗れていない」という点です。

十分に塗れていなかった可能性

最も基本的な紫外線対策として、日焼け止めを隙間なく十分に塗る、というものがあります。隙間なくというのは、塗り残しが無いということです。

塗れていない部分があれば、その部分だけ紫外線の影響を受けてしまい、赤く焼けます。

急いで日焼け止めを塗った場合や、軽く塗っておけばいいだろうと軽く見てしまっていた場合に、塗り残しが生じやすかろうと思います。

日差しの弱そうなとき、例えば梅雨の曇り空の日でも、紫外線量は晴れの日の60~90%です。紫外線の影響が比較的軽い冬でも、さらされ続けるほど焼けます。それを考えると、いつであっても隙間なく十分に塗っておきたいものですね。

日焼け止めの効果が弱い可能性

日焼け止めには、製品ごとに効果が異なります。SPFとPAという指標をご存知ですか?SPFはUV-B(※)に対する効果持続時間の指標で、PAはUV-A(※)に対する防止力の指標です。

 ※ UV-Aは春から秋にかけて多く降り注ぎ、肌を黒くさせ肌老化を促す紫外線。UV-Bは夏場に多く降り注ぎ、肌を赤く炎症させ肌荒れや水ぶくれを引き起こす紫外線。

肌が赤く焼けるのはUV-Bのしわざで、特に夏場にその影響を受けやすい傾向にあります。そこで、今使っている日焼け対策コスメのSPFを確認してみましょう。その数値が高いほど、UV-Bに対する防止効果があるとえます。

目安としては、普通肌の場合、SPF1が25分の防止効果をもたらします。そのため、SPF25であればその25倍の625分=10時間25分。SPF50であればさらにその2倍の1250分=20時間50分です。

もし防止時間を超えて紫外線にさらされていた場合、当然肌は赤くなります。一方、PAも、その値(+)が少ないほど肌が黒くなる確率が上がります。

紫外線を浴びる時間が長くなりそうだと見込まれる場合は、それに見合った効果を持つものを選ぶと良いでしょう。ただ、効果が高いほど成分が肌に負担になることもあるので、注意が必要です。

汗や皮脂で流れてしまった可能性

いくら効果のある日焼け止めを十分に塗っていたとしても、汗や皮脂で流れてしまったら効果は減ってしまいます。

日焼け止めには、紫外線吸収剤タイプと紫外線散乱剤タイプがありますが、後者の散乱剤タイプのほうが、成分が汗・皮脂によって流れやすい傾向にあります。また、オイリーな日焼け止めよりはウォータリー、パウダリーな日焼け止めのほうが、当然に汗・皮脂に流れやすいはずです。

汗・皮脂に流れてしまえば、SPFが25あっても、もしかしたら実質10程度となってしまうことがあります。水を浴びれば0に近くなるのと同様に、汗・皮脂量が多いほど効果が低減するでしょう。

対策としては、ある程度時間が経ったら塗り直しをすることですね。特にTゾーンは皮脂が多く落ちやすいので、頻繁に気にしてみると良いでしょう。

また、少しでも落ちにくくするには、紫外線吸収剤タイプやオイリータイプが良いかと思います。が、吸収剤タイプは肌に負担になる(※)ことがあるのと、オイリータイプはクレンジングがより重要になるというのもお忘れなく!

 ※ 吸収剤タイプは、成分である化学物質が紫外線を無害なエネルギーに変換させるため、肌がその刺激を受けてしまうことがある。店頭に置いてあるのはこのタイプのものが多いが、気になる方は、例えば「吸収剤フリー」と書かれた日焼け止めがオススメ。

焼けて赤くなったわけではないケースも

上記は、塗ったにもかかわらず焼けてしまったケースでのお話でした。

しかし話はそれだけではなく、実は、焼けて赤くなったわけではないケース、すなわちもっと別の原因で赤くなってしまったケースもありえます。

使った日焼け止めが肌に合っていない可能性

いくら肌に優しいとされるコスメであっても、そこに含まれる成分のどれかがアレルゲンとなっている可能性も無きにしも非ずです。人によってさまざまですし、判断もしにくいという難点があります。

でも言えるのは、アレルゲンの入ったものを使っていると、肌が赤く炎症することがあるということです。いくら肌の調子が良くても、アレルギーなので関係ありません。気になったら使用を中止し、皮膚科医に相談することが肝要です。アレルゲンが特定できれば、今後の対策にも役立ちますね。

また、普段は問題なく使えていたものでも、肌が弱っていたりすると刺激を受けてしまうことがあります。アレルギーとはまた違いますが、そういうパターンで肌が赤みを持つこともある、と覚えておくと良いでしょう。この場合、肌の調子が戻ってから再使用し、それでもダメなら使用中止です。

なお、SPFやPAの値が高いと、肌に負担になりやすい傾向にあります。肌に優しい処方のものも多いですが、傾向として知っておいて損はないかと思います。必要性に応じて適したものを使いたいものですね。

実は別のコスメに原因がある可能性

日焼け止めのせいかと思ったら、実は別のコスメが肌に悪くて赤みをもたらしていた、という可能性もありえると思います。

もし、今使っている日焼け止め成分の入ったコスメと同時期に使い始めたコスメがあれば、本当はそっちのほうが肌に良くなかったのに、日焼け止めコスメのほうが肌に良くなったつもりになってしまっているパターンも考えられます。

一度、他のコスメについても気にしてみると良いかもしれません。

赤く焼けてしまった後は

焼けた肌は、ほんのり赤みを帯びたかなという程度であれば、しっかり保湿のスキンケアをして自然治癒を待ち、メイクも割と軽めにしておけば良いかと思いますが、自己判断しにくいときは、皮膚科で診てもらったほうが良いかと思います。

肌荒れを引き起こしてしまったり水ぶくれができたときは、当然、自分だけの判断で治そうとするのは難しいので、医師の力を借りて、指示に従いながらケアを進めていくのがベストな選択でしょう。

応急処置としては、流水で冷やすというものがあるので、「うっかり焼けてしまった!」と思ったらすぐに対処するのが良いでしょう。凍傷に気を付けながら氷をタオルで巻いて当てるのも効果的です。それでもやはり自己判断しづらい場合は、専門の知識を持った人の言うとおりに行うことがベターかと思いますね。

日焼け止め用のサプリメント
サングラス着用