保湿してもかゆい

乾燥しやすい季節(あるいは、そういう季節でなくても、エアコンなどによって乾燥しやすいとき)になると、肌がムズムズとかゆくなる、というのはよくあることです。

しかしながら、そういったものとは無関係の場合でも、肌がかゆくなることがあります。肌に何らかのトラブルが発生したときなんかがそうです。

肌トラブルの原因は色々ありますが、今回は、保湿しようと化粧水や美容液(以下 基礎化粧品とします)を使ったときに起こる、かゆみのトラブルについて、考えていきたいと思います。

乾燥防止のために保湿したのに・・・

肌は、乾燥してくると、かゆくなったり引きつり感が出たりします。そして、水分が抜けていき、弾力やハリがなくなっていきますね。

そういった状況に陥りそうなときや陥ってしまったとき、私たちは、基礎化粧品を使うことで、肌の乾燥を防いだりうるおいを与えたりします。その結果、ムズムズしたかゆみが消えたり、引きつり感を感じなくなったりします。

でも、かえってかゆみが増大してしまった、といった事例も少なくないかと思います。せっかく保湿しているのにかゆくなってしまっては、本当に肌が整っているのかどうかという疑念が湧いてきます。

では、そういうとき、肌では何が起きているのでしょうか?

かゆくなるのは、基礎化粧品に原因!?

たいてい、基礎化粧品を使ってもトラブルはあまり生じません。というのも、安全性を考慮して製造されているからです。肌でのテストもパスしているので、流通している基礎化粧品に悪い物はまずありません。

しかし、世の中万全というものはなく、安全性が保証されていても、やはりトラブルを生じさせてしまうことがあります。

成分にアレルゲンが入っている可能性

アレルゲンというのはアレルギー症状を引き起こす原因となる物質のことですが、そういったものが基礎化粧品に含まれている可能性があります。その基礎化粧品を使うと、肌が炎症したり腫れぼったくなって、かゆくなることがあります。要は、かぶれのような状態です。

人により、アレルゲンとなる物質がどれかは変わってくるので、ここでは「これがアレルゲンです」とは言えません。ではどうしたら特定できるのかといえば、それは皮膚科専門医の力を借りれば良いかと思います。

肌を診てもらうときに、使った基礎化粧品を持参し、調べてもらってアレルゲンを特定するのが良いかと思います(でも、特に調べず、「とりあえずソレを使うのをやめてください。薬だけ出しておきます。様子見て、また気になったら来てください」で終わるお医者さんも多いでしょうから、やってくれそうなところをあらかじめリサーチしておくと良いですね)

何はともあれ、「この基礎化粧品を使うとかゆくなる」と自分で判断できたら、かたくなに使い通さず、すぐに使用をやめ、別の基礎化粧品に変え、必要があればお医者さんへ、というのが無難でしょう。

なお、アレルギーの場合は、顔以外の部位でも同じようにかゆみが生じます。

刺激が加わりすぎているケース

アレルギー性のトラブルがある一方で、基礎化粧品の成分が刺激となってかゆみが出ているといったケースも考えられます。「刺激」ですから、物質がアレルゲンではなくても、また安全性の高いものでも、場合によって起こりえます。

では、どういったときに刺激が加わりやすいのかといったら、肌が弱っているとき、傷がついているときなどが挙げられるでしょう。また、元々刺激性の強い成分だったりすると、肌が正常な状態でも、かゆみが出てきます(安物の基礎化粧品に多い印象です)

ある程度の刺激が加わることで炎症が起き、かゆみ・かぶれなどが生じるわけですが、個人差・部位差があります。ある一人の女性がいて、頬に基礎化粧品を使ったとしましょう。すると、その人の頬が閾値(いきち)以上の刺激を受けたときに、炎症・微炎症が生じます。

何はともあれ、異常を感じたら、使用を中止しましょう。基礎化粧品のパックなどにも、よく「お肌に合わないときは使用を中止し、皮ふ科医などにご相談ください」と書いてありますね。

なお、アレルギーではないので、例えば、頬がかゆくなったからといって、必ずしも、背中に使ったときにもかゆくなるとは限りません。それに、別の日であれば、たとえ頬に使ったとしても異常なく使えることがあります。

必ずしも、基礎化粧品が原因とは言えない

上では「その基礎化粧品が悪い」みたいな論調になってしまいましたが、必ずしも基礎化粧品が悪いとも言い切れません。

アレルゲンや刺激性の強い物質というのは、どんなに安全性の高い製品でも、含まれている可能性があります。また、人それぞれで肌質は異なりますし、同一人であっても、日によって、また季節や年齢によって、肌の状態は不定です。

Aさんは牛乳を飲んでも平気だが、Bさんは飲むとお腹がくだる。お腹をこわしているときに刺激性のあるものを食べたら、余計にお腹をくだす。・・・スキンケアについて同様ですね。

そのため、同じ基礎化粧品であっても、日を置いて使えば大丈夫であることがあります(アレルギーの場合を除きます)。逆に、これまで何ら問題なく使えていても、ある日突然トラブルが発生することもありえます(アレルギーがある日勃発することもあるでしょう)

それから、使い方やケア方法を誤っていないかどうかも、確認が必要かと思います。

  • 必要以上に多く使っていないか
  • 保湿が十分にできていないのではないか
  • 日頃から正しくケアしているか
  • メイクが原因ではないか

などです。

ほか、スキンケア以外に、肌にトラブルが生じる原因となりえる心当たりがないかどうかも、確認してみると良いでしょう。風邪・体調不良、日焼け、食物アレルギー、金属アレルギーなども、肌にかゆみをもたらす原因になりえます。

かゆみの起きにくそうな基礎化粧品を選ぼう

かゆみを感じやすい人の場合、敏感肌であるという可能性も残されています。本当に刺激を受けてかゆくなっていることも十分に考えられますが、知覚過敏といって、必要以上に感じすぎてしまっていることもあるでしょう。

そんな人の場合は、なるべく、かゆみの起きにくそうな基礎化粧品を選ぶことが肝要といえます。

もちろん「かゆみが100%起きない」ということは、先述の内容からしてもありえませんし、誰も保証などはしていませんが、なるべく、リスクの少なそうな基礎化粧品を選んでみたいものです。

どういったものが良いのかといったら、それは、敏感肌向けの基礎化粧品です。なぜなら、敏感肌向けだと、肌への刺激が少なくなるように処方されていたり、バリア力(肌荒れ防止効果)が高かったりすることが多いからです。

例えば、敏感肌向けのブランドであるディセンシアから出ている〈アヤナス〉というシリーズが、その類のひとつです。私も使ってみたのですが、非常にしっとりとした使い心地で、真冬の乾燥時も肌のあたたかみを感じるくらいのバリア感がありました。なかなかのおすすめです。

〈アヤナス〉公式サイト
【肌荒れ訴求】アヤナストライアルセット

環境面も考慮しよう

これで最後になりますが、肌の状態を良好に保つには、基礎化粧品やメイク化粧品を気にする以外にも、環境面も考慮する必要がある、ということをお伝えして終わりたいと思います。

エアコンにさらされ続けた肌は、乾燥してしまいます。逆に、冬場などの睡眠時、加湿をせずに眠ったりすると、いくらスキンケアをきちんとやっていたとしても、肌は乾燥しやすくなります。

肌に何らかのトラブルが生じると、化粧品だったりケア方法だったりメイク方法だったりと、どうしても目に見えるところばかりが気になりますが、「肌にとって本当に良い環境を整備しようと努めることができているか」といった視点を持つことも、重要なスキンケアのひとつだということを念頭に置いておくと良いでしょう。