いい香りと肌

香りには不思議な魅力があります。嗅いだだけで感情に変化が生まれます。ただ単に、香りの元となる分子が鼻から入って、それを感じるだけなのに、安らぎ、喜び、悲しみ、怒りなどの感情が芽生えるのです。

最近は、香りが感情に変化をもたらすだけでなく、体の機能などにも影響を及ぼすことが分かってきています。そこで今回は、主に肌に着目して、香りとの関係についてみていきたいと思います。

そして、アロマティックな生活をサポートするコスメも、私なりの視点でご紹介したいと思います。

香りと肌の関係

香りを嗅いだとき、私たちの体では何が起きているのでしょう。まずはそこを見て、一歩ずつ、肌への効果のお話へと進めていくことにします。

香りは電気信号となる

香りは、もちろん鼻から入ることで感じるわけですが、そのシステムは実に画期的です。

香りやニオイの分子は、鼻の奥にある嗅上皮(きゅうじょうひ)に溶け込み、そこにある嗅細胞が電気信号を作り出汁、その信号が、嗅神経、嗅球、脳(大脳辺縁系)というように伝わっていきます。なお、嗅上皮には何種類もの嗅覚受容体があり、これが、種類に応じた分子と反応し、それぞれを異なる香りやニオイとしてとらえることができるのだそうです。

というように、私たちが香りを感じるときのシステムは、実に面白いものです。電気信号に変わるだなんて、人間の体はスゴいですね。

嗅覚は本能的

少し難しいお話になってしまいますが、大脳辺縁系は、私たち人間にとって、古い脳ともいえます。

大脳辺縁系のまわりには大脳新皮質というものがあります。その大脳新皮質こそ進化の過程でできたもので、高度な知能・理性などをつかさどっています。逆に、今回話題にしている大脳辺縁系は、いわば本能的な部分をつかさどっているといえます。

香りやニオイは、ずばりダイレクトに大脳辺縁系に伝わりますから、自分の意思で制御するしないの前に、「ああいい香り~♪」「生理的に無理!」「遠い昔を思い出して涙が出てくる(プルースト効果)」といった情動的なことが起こるわけです。

以上は嗅覚の特徴であり、視覚や聴覚、触覚の場合は大脳新皮質に先に伝わるため、嗅覚ほどの本能的な反応は得られないと考えられています。となると、恋愛論でよく出てくるフェロモンなども、本能的な部分で効果があるかもしれませんね!

 ※ 味覚に関して少し補足しておきたいですが、例えばカレーの場合、味覚は「辛い」「塩っぽい」「甘い」といったものです。食べるときに口に広がるカレー独特のあの匂い(私たちはこれも味と言ったりします)は、口から鼻へ伝わった匂いであり、嗅覚でとらえています。

視床下部へ伝達し、心身に影響する

香りやニオイの信号は、視床下部にも伝わっていきます。視床下部とは、間脳と呼ばれるところにあり、自律神経や免疫系、ホルモンの分泌などの働きをつかさどっている部分です。

つまりこういうことです。

香りやニオイは、たしかに本能的な部分で感情を揺り動かす働きを持っていますが、実際に、体の機能や神経・精神面にも影響をもたらしている、ということです。なぜなら、体の機能や神経などは、自律神経や免疫、ホルモンの働きによって操作されているからです。

まとめると、香りやニオイを嗅いだことで作られた電気信号が、視床下部に伝わることによって、体や心の変化をもたらすというわけですね。

肌も体の一部!嗅覚の影響を受ける

体に影響があるということは、肌にも影響があると考えられます。

感情と肌の調子のあいだには密接な関係があると考えられており、美容雑誌や化粧品の宣伝などでも、それについては何度も説明を目にします。

自律神経の働きが整えば、血行や代謝にも免疫系にも良い影響が及びます。すると、肌もハリ・ツヤが出たり、毛穴の自浄作用も安定したり、ニキビができにくくなったりしますね。ホルモンバランスの安定についても、女性の体にとってはとても大切なことです。

香りと肌は、一見あまり関係がなさそうなので、「いい香りを嗅いだくらいで肌の調子が良くなるなんて虫のいい話、あるのかなあ」と思いがちですが、間接的に何らかの効果があっても不思議ではないといえるでしょう。

アロマティックコスメで良きケアライフを

スキンケアをする上で、香りが全てではありません。しかし上でお伝えしたように、いい香りは、肌に良い効果をもたらしてくれる可能性があると考えられます。それに、いい香りはヤル気向上や安らぎにもつながり、ケアライフの良きパートナーともなりえるでしょう。

そこで、以下に、おすすめのアロマティックなコスメをいくつかご紹介したいと思います。

ただ、香りの好みは人それぞれです。世間で「いい香りだ」と言われているものでも、合う合わないはあるでしょう。そこはひとつ、ご了承いただければ幸いです。

ローズの香りで気分が高まる保湿化粧品

香りを嗅ぐための保湿化粧品ときたら、天然オーガニックにこだわった〈HANAオーガニック〉をあげないわけにはいきません。これは、生花のような、品のあるローズの香りが特徴的かつ印象的です。

「日々のスキンケアで元気を出したい!」という方や、「ほのかな香りよりも本格的な香りを望む」という方におすすめできるのではないかと思います。保湿効果はさることながら、グッとくる香りをありありと感じることができるかもしれません。

公式サイト
トライアルセット300×250

花の香りで安らぎを覚えるエイジングケア化粧品

ほのかな香りを楽しみたい方の場合は、〈ディセンシア アヤナス〉が良いかと思います。顔に乗せたときにラベンダーやゼラニウムの香りがします。決して強い香りではなく、ふわっとしていて、安らぎを覚えるような感じです。

保湿感やバリア感が高いため、エイジング世代の方や敏感肌の方、日々のストレスなどで肌が荒れやすい方におすすめできるのではないかと思います。優しい香りを嗅ぎつつ、リラックスなケアタイムを送ってみると良いでしょう。

公式サイト
【敏感肌のためのエイジングケア】アヤナストライアルセット

オレンジ系の香りで夢の世界にいざなう睡眠ミスト

基礎化粧品ではありませんが、睡眠前に使ってみると良いアイテムとして、〈ディープレストミスト〉があります。ビターオレンジの落ち着いた香りを空間や枕元に舞わせることで、夢の世界へといざなってくれるミストです。

ビターオレンジのシトラス系の香りは、ローズやフローラルのような西洋的・女性的な香りとは違い、爽やかで清楚なタイプの香りといわれています。それに、このミストはスプレータイプなので、下手にアロマグッズを活用するよりかは、ずいぶん使い勝手が良いのではないかと思います。

公式サイト
ディープレストミスト

「無香料」のワナ

最後に、ちょっとしたウンチクを述べて終わりたいと思います。

化粧品に「無香料」と書いてあったのにもかかわらず、いざ使ってみると香りがしたことがないでしょうか。

そうなんです。「無香料」というのは「香料」が「無い」とうたっているだけであり、「香り」が「無い」というわけではないのです。香りが無い場合は「無香性」というように書いてあります。

ただ、その「無香性」の場合であっても、原料由来のニオイがあったり、無香に感じさせるために 香りを消すための香料を入れてあることがあるようです。となると、もう何がなんだか、めっちゃくちゃですね。完全無香は、やはり無理なのかもしれません。

とはいえ、好きな香りであれば、大歓迎ではありますね。今回ご紹介したのが皆さんにも良いかは分かりませんが、合成香料が使われていないので、鼻に残るようなケミカルな感じは無いものと思います。

いい香りを適度に生活に取り入れ、日々嗅いで、素晴らしい毎日を送っていきましょう♪