顔のテカリの原因は…

洗っても拭いても冷やしても、顔のテカリが気になってしまう・・・。だから、ベースメイクを濃いめにして、テカらないように頑張っている・・・。

そんな女性は少なくないように思います。テカると、常に汗ばんでいるイメージを持たれてしまいかねませんし、せっかくのメイクだって崩れやすくなってしまいますよね。

では、そのテカリの原因は何でしょう?汗でしょうか皮脂でしょうか。原因を見つけたら、早速対策へ。ベースメイクで隠すことなく、素肌そのものからテカリを防いでいくことが大切ですね。

考えられる原因

原因といっても、ひとつに絞れるようなものではないかもしれません。そして、原因そのものにもまた原因というものがあるでしょう。

以下、考えられる原因について列挙していきます。

やはりか!過剰な「汗」

一番先に思い付くのが、やはり汗によるテカリです。誰しも、汗がたくさん出ればテカります。気温の高い場所で活動した後は誰しもそうなるもので、いくらメイクをしていても、崩れてテカってしまうことがあります。

また、熱い物や辛い物を食べた後も、発汗によってテカリが発生しやすいものです。冬場でも、健康的な人であれば、熱々の鍋を食べた後は当然に汗をかきます。

ところが、必要以上に汗が出る人や、何もしていないのに汗が湧いてくる人は要注意です。

汗が過剰になる原因

汗が必要以上にたくさん湧き出る原因として考えられるひとつが、自律神経の働きが乱れていることです。

発汗には、体温調節や老廃物の排出といった役割がありますが、それも自律神経(交感神経と副交感神経)がきちんと働くことでうまく調節され、身の健康を保っているのが私たち人間です。

自律神経が乱れる原因は、ストレス、体調不良、風邪や病気など、あらゆるものが考えられます。女性の場合、ストレスによってホルモンバランスも不安定になりやすい傾向にあるでしょう。

乱れが生じると、なおのことストレスも溜まり、悪循環です。だからといって「治そう」と意気込みすぎても疲れてしまうので、少しずつ、負のスパイラルから抜け出せるように努めてみたいところですね。

これもやはりか!過剰な「皮脂」

一方、汗とは違って、皮脂が必要以上に多く分泌されてテカリが発生している可能性もあります。

通常、皮脂はほど良く出て、皮脂膜を作って肌を乾燥や細かい刺激物などから守ってくれています(バリア機能)。しかし、何らかの原因で皮脂膜がきちんと機能しないと、肌が「あっいけない!」と判断し、たくさんの皮脂を分泌してしまうことがあります。

皮脂が過剰になる原因

皮脂分泌過剰の原因は、ひとつは肌の乾燥です。「皮脂がたくさん=脂性肌」といった図式を思い浮かべる人は多いですが、今や、「皮脂がたくさん=隠れ乾燥肌かも」という図式も当然のように成り立ってきています。

肌質・体質は人それぞれなので、乾燥肌になったときに必ずしも皮脂がたくさん分泌されるとは限らないですが、特に男性の場合は、元々皮脂の分泌が多いため、隠れ乾燥肌に気付けないことが多いかもしれません。

ほかにも、乾燥だけでなく、先ほどの汗と同様に、自律神経の働きが乱れていると、皮脂の分泌の機能も乱れてしまうことがあるでしょう。汗と皮脂のダブルパンチで、肌はテカテカしやすくなります。

ほか

テカリの原因は、汗や皮脂ばかりではないでしょう。使っている化粧品が関係している可能性も否定できません。

これは私の経験ですが、高い保湿力を売りにした、とあるオールインワン保湿クリームを使ったことがあるのですが、塗った後、夜まで肌が重く感じられました。パウダーがないと、肌はテカテカ・・・というよりベタベタ。

使い方がまずかったのか肌に合わなかったのかまでは究明しませんでしたが、そういった経験は、多くはないですがたま~にありますね。オイル分の多い物だと、そうなることも多いかもしれませんね。

まあでも、ベースメイクをしてしまえば、そういったテカリも落ち着きます。乾燥によるテカリであっても、改善するなら、やはりメイクで覆い隠すのが手っ取り早くはありますね。

素肌ケアによる、テカリ予防のための対策

メイクで隠すようにしてテカリ対策を行うのは、たしかに即効性があります。でも、できることなら、素肌そのものを整えてテカリを予防していきたいとは思いませんか?

そこでここからは、スキンケアや日々の改めによってテカリを予防する対策について、ひとつずつお伝えしていきたいと思います。

洗いすぎない、いじりすぎない

顔がテカると、どうしてもクレンジングや洗顔を入念にやりがちになります。きちんと洗うことは大切ですが、もし回数を多くしていたり、力を入れて洗っているのであれば要注意です。

クレンジングをやったら、保湿成分のたっぷり入った洗顔料で洗いましょう。メイクの落とし残しはNGです。できればメイクは軽めにしておき、簡単に落ちるようにしておくのが良いですね。テカリが気になると厚化粧したくなりますが、試練を乗り越えましょう。

また、油取り紙などで顔を拭き取る人も多いかもしれませんが、あまり強く抑えず、軽く拭き取るようにします。あんまり多く行うと肌に負担がかかるので、ほどほどに。

まずは、日々の保湿ケアをしっかりと

何はともあれ、保湿ケアは毎日の基本ですね。先ほど述べたように、テカリがあるときは隠れ乾燥肌になっている可能性があるので、それにはうるおいとバリアが欠かせません

正真正銘の脂性肌であったとしても、肌をすこやかに保つために保湿ケアは必要です。が、保湿クリームなどのガッチリ感が気になる場合は、さっぱりめの化粧品を使ってみると良いでしょう。

いずれにせよ、しっとり系かさっぱり系か、どっちかでないといけないということはないと思います。いくつか試してみて、自分が満足すればそれで良し!・・・それで良いのです。そのほうが気持ち的にも楽ですよね♪

なお、保湿のタイミングは洗顔直後が良いでしょう。例えば、入浴時に洗顔をしたとき、風呂から出ると肌は一気に肌が乾燥していき、皮脂分泌が盛んになることがあります。すぐさまうるおいを与え、程良い油分で蓋をしましょう。

テカリに良いアイテムを試すのも手

使うべき化粧品は、上にも書いたように、特にこれでなければならん!というものはないと思います。しかし、この世の中には便利なものがありまして、ずばり、テカリ向けの化粧品です。

まず、「制汗」という点をカバーしたい人にとっては、〈サラフェ プラス〉(Salafe+) という薬用制汗ジェルを検討してみてはいかがでしょうか。肌に優しくニオイ・テカリを抑えることのできるアイテムです。日頃のスキンケアにプラスして使ってみると良いかと思います。

>> SaLafe+

「皮脂」や「隠れ乾燥肌」でお悩みの方の場合は、〈ライスフォース アクポレス〉を試してみると良いかもしれません。角質ケア・皮脂ケア・保湿ケアの3拍子が可能で、ニキビ予防にもおすすめなアイテムです。

>> ライスフォース化粧品

拭くときは力を抜いて

顔が汗や皮脂にまみれたときに拭(ふ)く人も多いと思います。でも(特に男性に言えることですが)タオル等であまりゴシゴシと拭きすぎると、皮脂膜が剥がれ落ちる上、傷がついて微炎症が生じて肌の機能も弱まってしまい、肌荒れになりかねません

何かで顔を拭くときは、とにかく力を入れず、優しく押さえるようにしましょう。夏場の屋外活動時は汗がうっとうしく感じられるかもしれませんが、拭くときは「丁寧」を心がけたいものですね。

ストレスを潰せ

自律神経の乱れが汗や皮脂の量を多くしてしまうことがある、と先ほど述べました。また、自律神経の乱れは、ストレスに由来することも多いです。

「ストレスなんて、解消できるものならとっくに解消しているわ!」と思いつつ、あまりうまくいっていない人は多いのではないでしょうか。

精神的ストレスの解消としては、趣味に没頭したり体を動かしたりすると良いと言われます。身体的ストレスには、まさに休息が一番です。

一度、スマホをOFFにし、ひとり静かに座り、目をつむって自分の内面に意識を向けてみましょう。どこかに力が入っているかもしれません。それは体の一部かもしれませんし、心かもしれません。悩みや不満があれば、白い紙に殴り書きし、捨てましょう。

また、睡眠が十分にとれていないようであれば、その時間を増やせるなら増やしつつ、リラックスした睡眠がとれるように心がけていきましょう。

皮脂を増やす食べ物に注意し、健康的な食生活を

油っこい食べ物はお好きですか。揚げ物、ラーメン、ケーキ、チョコレート・・・。こういったものは、心にうるおいを与えてくれて、食後の満足感が最高ですよね。

でも、もししょっちゅうそういうのを食べていたら、一度その食生活スタイルを見直してみると良いかもしれません。脂質の多いものは、皮脂の量を増やします。また、糖質に関しても、あまり多く摂りすぎると脂肪になってしまいます。

だからといって「食べるな」というわけではありません。栄養バランスを考えて、地道に健康的な食生活を送っていきましょう。とにかく、末永く続けることが大切です。間食もほどほどに。

病気の可能性は?

以上では、あくまで、病気というには大袈裟すぎる範疇でのお話をしてきました。しかし、本当に病気にかかっているせいで、皮脂や汗が多く分泌されてしまっている可能性も0ではありません。

なんだか最後に脅すような形になって申し訳ありませんが、あまり長くテカリが気になるようであれば、病気についても一応視野に入れて、気になるようなら皮膚科や内科、場合によっては心療内科等にかかってみると良いでしょう。

仮に病気が判明した場合は、今回お伝えしたスキンケアよりも、医師の指示を必ず優先するようにしてくださいね。