基礎化粧品の正しい使い方

化粧水をはじめとする基礎化粧品。保湿や肌荒れ防止のために使っている人も多いことでしょう。

でも、中にはこんな人もいるはずです。

  • 肌が荒れてきたから、いい美容液を使って治そう
  • 最近肌が砂漠の大地みたいだから、化粧水きちんと使わなきゃ
  • ニキビができたから薬用化粧品で治そう

このように考える人はけっこう多いような気がします。でも、これらは必ずしも正しい使い方とは言えず、誤った知識を持っている可能性もあります。

今回は、基礎化粧品の正しい使い方(というより使い道でしょうか)についてお伝えしていこうと思います!

肌トラブルが起きる “前” から使うべし!

基礎化粧品の役割は保湿や肌荒れ防止などで、ハリを与えたり肌を整えたりすこやかな状態を保ったりするというものです。

そして、これがとても大切なことですが、基礎化粧品は “薬ではありません” 。

「そんなことは知っているよ!」という声も少し聞こえてきそうですが、意外にも、化粧水等に治療効果を求めている人が多いような気がします。治療効果とは、

  • 肌荒れを治す
  • シワを消す
  • たるみを無くす
  • ニキビを治す
  • シミを根元から消す

といったようなもののことです。これらの効果は、薬ではない化粧品にはありません。もしあったとすればそれは薬と判断されてしまうおそれがあります(薬事法違反となりえます)(でも実際、けっこうグレーな書き方をしていることもありますね^^;)

もう一度お伝えしますと、基礎化粧品の役割は保湿や肌荒れ防止などです。つまり、肌トラブルが発生する前から使用するのが、いわば正しい使い方と言えるのではないでしょうか。

肌トラブル発生時は使っていいのか

いざ肌トラブルが起きると焦りますよね。なんとかして一刻も早く治したいと思うことでしょう。

でも、先述のように基礎化粧品は治療薬ではないため、治すことができません。肌トラブルを改善・治癒させるという役割自体、残念ながらありません。治療・改善には、やはりそれに合った薬や処置が必要になるわけです。

原則として、使わないでおくべき

では、「治るってば!」と信じて使ったら、一体どうなるでしょうか。

実は私も、ちょっと肌が荒れてしまったときに、化粧水の力を根拠なく信じてたっぷりと塗ったことがあります。薬じゃないと分かっていましたが、プラシーボ効果を期待して使ってしまいました。

  プラシーボ効果: 薬ではないのに、薬だと思って服用すると状態が良好に向かうという効果。偽薬効果ともいう。「病は気から」ということわざとも関連が深い。

少しここで話がそれますが、基礎化粧品には、たいてい、肌に異常があるときは使用を中止するように書いてありますよね。これはごもっともなことで、やはり薬ではないということと、異常時の使用を期して製造されていないことが挙げられるかと思います。

異常時に使ったら余計に荒れるおそれがある。・・・そういうことでしょう(それに、使用者の誰かが異常時に使って「おたくの化粧品に注意が書いてなかったからこうなったんです!」とクレームを入れてくるのを防止する効果もあるでしょう)。

したがって、全くの正論を言ってしまえば、肌トラブルがあるときは、基礎化粧品(薬用化粧品や肌トラブルに見合わない薬も)使わないでおくべきだと思います。

経験上「使って良かった」と思ったことは多い

ところが、私の経験上、肌トラブルが起きたときでも、そのトラブルが軽い日焼けだったり体調不良による敏感肌だったりちょっとのニキビくらいだったら、化粧水等を使っても別に問題なかったですし、むしろ調子が良くなったこともあります

ただ、それには個人差があるでしょうし、肌トラブルの状態やそのときの体調・体質にもよるでしょう。また化粧品との相性もあると思います。化粧品ではなく、ほかの何らかの対策が功を奏した可能性もあります。

もし肌トラブル時に基礎化粧品を使うのであれば、自己責任のもとで使うようにしましょう

肌トラブルが発生したらすべきこと

肌トラブルが発生してしまったら、程度にもよりますが、なるべく化粧品を使わないようにして肌を休ませてあげることが、教科書的には望ましいと言えるでしょう。

皮膚科の受診等

ニキビや炎症などが気になる場合は、自己判断で対処するのは控え、皮膚科にかかるべきだと思います。あるいは、ドラッグストアで薬剤師に相談を持ちかけ、症状に合った薬を購入してみるのも一方法かと思います。

今後の対策の熟考

肌トラブルが一度起きて、その後治まったとします。

そこでよく考えたほうが良いのが、やはり今後の対策です。今度こそ肌トラブルを発生させない!・・・そう強く願い、保湿や肌荒れ防止を考えましょう。そこで活躍してくれるのが、そう、基礎化粧品や薬用化粧品たちです。

それだけではなく、食生活や睡眠、そして精神衛生管理の面からも、幅広く対策を練っていきたいものですね。

もし皮膚科等に通い続けているのであれば、皮膚科の医師より仰いだアドバイスどおりに行動してみましょう。

何はともあれ、同じ過ちを繰り返さないことが大切です。まあ、それでも人間というものは同じ過ちを何度も繰り返してしまうものですが、やっぱり繰り返したくないないですよね(^^;)

という感じで、今回の記事は終了です。

化粧水も美容液も乳液もクリームも、肌トラブル前の保湿・肌荒れ防止等のために使うものです。ほか、ハリを与えたり肌をすこやかに保つという効果もあります。ともかく、治療効果はない、ということをおさえておきましょう!