習い事

「誰かと一緒に学ぶ習い事は嫌だ」「できることなら、マンツーマンで習いたい」「可能であれば、ついでにキレイになりたい!」

そういう願いを抱いている、人見知りさんや恥ずかしがり屋さんは少なくないでしょう。でも、「キレイになれる習い事」で調べても、ヨガだったりダンスだったりと、何かと人付き合いが生じるものばかりです。

今回は、群がりやコミュニティーを形成しなければならなそうな習い事は却下し、あくまで先生とマンツーマン(あるいは少人数)でやっていけて、かつキレイを目指せる習い事を、私なりにご紹介していきましょう!

化粧・服飾の習い事

キレイになるということであれば、化粧・服飾関連のレッスンが真っ先に思い付きますね。

これらのメリットは、直接的に外見をキレイに見せるためのスキルを向上できることです。デメリットとしては、必要な物を買い揃えるときにお金がかかるという点や、下準備をする必要がある点などです。

ネイル

ネイルは検定・資格制度もあったりして、資格取得のための講座として開講されていることも多いようですね。資格取得を目標にせずとも、爪をデコレーションすることは、多くの女性にとっての楽しみとなることでしょう。

女性だけでなく男性も、意外に人の爪を見ていますので、ネイルアートでなくても、爪をキレイに整えるといったセルフケア目的で学ぶことも、大変有意義ではないでしょうか。指先がキレイな女性は、やはり魅力的です。

そこで、美容のお仕事に興味がある方は、余裕があれば資格取得を目指しても良いかと思いますが、人見知りさんにとっては、ネイルアートを人に施すのはちょっと気が引けますかね?・・・どうでしょう。

メイク

フェイスメイクやアイメイク、ヘアメイクなどの教室もかなり多いようです。セルフメイクとして学ぶことはもちろん、パーティーメイク、ビジネスメイクなどまで学んでいくことを目標にすれば、なかなか奥が深いですね。

メイクに関しても、検定・資格試験があります。資格取得を目指して頑張ってみるのも良いかと思いますが、ひとりひそかにやるのであれば取得しなければならない理由が特にないので、気楽にやっていけば良いでしょう。

メイクのスキルがUPしてバリエーションも豊富になれば、気分や衣装に合わせてうまく調整できるようにもなり、きっと毎日がルンルン気分になるのではないでしょうか。

着付け

大人の女性を深めていくには、着付けは必須のスキルともいえます。自分で正しく着物を着て、美しい所作で立ち振る舞う・・・。これは、キレイを目指す人にとっては大きな課題です。

メイクなどのようにかわいらしいイメージはあまりなく、指導の先生にも、もしかしたら堅気な方もいらっしゃるかもしれませんが、一種のマナー講習として受けると考えれば、大変有意義なお稽古事だなあと思いますね。

自分で着られるようになったら、はじめて人にも着せてあげられます。人見知りさんにとってはなかなか教えるのは難しく感じられるかもしれませんが、自信が付けば、その点もクリアできるようになるかもしれませんね。

運動の習い事

メイクやファッションも、キレイを目指す上では欠かせませんが、その前提として、健康体であること、運動不足を解消すること、も必要な要素といえましょう。

ともかくこれらのメリットは、内側からの美を目指せたり、道具等が少ないので出費もそこそこ抑えられたりするという点ですね。デメリットは、直接体をいじったり装飾したりするわけではないので、キレイになるという実感がわきにくい点でしょうか。

ウォーキング

ウォーキングと聞くと、日光の下で汗をかきながらひたすら歩くイメージがあるかもしれませんが、そういったオーソドックスなもののほか、モデルウォーキングなどを学べる屋内教室もあります。

そもそも、歩くことは、思いのほか体中の筋肉を使います。血行や代謝が良くなり、ダイエットや美肌にも効き目があるでしょう。モデルウォークですと、さらに美しく魅せる歩き方を学べるので、キレイになりたい女性にとって大人気の習い事のようです。

ただ、クラスレッスンが多数だと思いますが、マンツーマンレッスンもけっこうあるようなので、是非探してみてはいかがでしょうか(ただ、場所は限られてくるかもしれません)。

ボイストレーニング

ボーカル、カラオケ、クラシックの声楽、朗読なども、運動不足の解消に役立ち、生き生きとしたオーラを創り出すことができるでしょう。

というのも、やはり深い呼吸で歌う/話すということが、実際に体や心の健康に役立つからです。実際、神経的な病気をお持ちの方でも、うたを習い始めたことで症状が安定してきた、と聞いたことがあります。プラス、発声改善により、無駄な力みのない自然な声を作り出すこともできるようになると思います。

うたのレッスンですと、マンツーマンで行われていることも多く、教室探しはさほど苦労しないかと思います。ただ、中には発表会や交流会に力を入れている教室もあると思うので、人見知りさんや恥ずかしがり屋さんは、よく確認するようにしましょう。

その他の習い事

ほか、「これはいいね!」と思った習い事を書いておきたいと思います。「キレイ」に肉付けすべく、検討されてみてはいかがでしょうか。

フォトショップ

今や(2017年)、インスタ映えの時代です。撮った写真を編集・加工せずしてSNSにアップロードする人は、おそらく少数派ではないでしょうか。多くの人が、程度の差こそあれ、何かしらの手を加えています。

それに反応するかのように、フォトショップなどの画像編集レッスンなども人気が高まっているようです。これで実際に自分自身がキレイになるということはないですが、編集により、自分自身の良さを最大限に引き出すことは可能になるかもしれませんね。

なお、フォトショップとは、画像編集・デザインソフトのことです。そのため、そのソフトと、ソフトを使える機材などを買い揃える必要があります。出費が気になる方は、いっそのこと、スマホだけでできる画像編集のレッスンなどに通う手もあるでしょう。

料理

料理教室と聞くとグループレッスンのイメージがありますが、マンツーマンレッスンもけっこうあるみたいですね。周りを気にせずできるので、失敗もしにくく、安心して学ぶことができるかもしれません。

料理を学ぶということは、単に家事スキルUPとして捉えることだけでなく、体の健康を考えた料理を作れるようにするためでもあるでしょう。健康的な食生活を送るには、自分で料理するのが一番ですし、アレンジもできればより一層楽しい食卓となるはずです。食事は生きる力です。

余裕があれば、フードコーディネーターなどの資格取得も、並行して検討してみると良いかと思います。女性に人気の資格のようですよ。

習字

ペン習字や書道などでは、字を書くためのスキルを学ぶことができます。美しい字を書ける女性は魅力的でしょうし、筆跡だけで相手に与える印象は変わるものです。誠実で整った字が書ければ、評価も上がるかもしれません。

特に、最近はIT機器の充実により、字を書く頻度が減ってきており、字を書くという行為そのものが、集中力の向上や指先のリハビリ的な運動にもなることでしょう。

美しい字が書けるようになったら、さらに自分らしい芸術性を表す字を書けるようにお稽古すると良いかと思います。そうすれば、さらに魅力はUPすることでしょう。

グループ/クラス での習い事はどうなのか?

以上では、マンツーマンや少人数でも行っているようなレッスンをご紹介しました。というのも、本記事は、人見知りさんや恥ずかしがり屋さん向けだからです。

そういった人たちが、もしグループやクラスといった単位で行うレッスンに参加したら、いったいどうなるでしょうか。

・・・答えは、人それぞれだと思います。

同じ趣味の気の合う人が集まる場所では、最初は大変でも、そのうち仲良くできるかもしれません。しかし一方で、やはり打ち解けにくい人は、どんな場所でも打ち解けづらいものです。

人間関係は避けては通れないわけなので、そういったものに労力を割きたくない場合は、最初からマンツーマンオンリーで検討されるのが良いでしょう。ただ、対人スキルというのも、キレイオーラを目指す上では有用なものなので、余裕があれば、グループ/クラスへの参加に努めてみるのも良いかと思います。

なお、マンツーマンであっても、先生との対人は必要不可欠です。もしそれも嫌であれば、通信制の習い事や独学をお勧めします。