夏に肌が乾燥

乾燥肌といえば冬のイメージが強いですが、夏であっても、決して無縁とは言えません。さらに、夏の乾燥肌は案外対処がしにくく、どうしたら良いのか見当がつかない方も少なくないでしょう。

今回は、夏に肌がカサカサと乾燥してしまったときの原因と、そのときにやってみたい対策についてお伝えしていきましょう。どうぞ肩の力を抜いて、最後まで読んで参考になさってみてくださいね。

夏なのになぜ乾燥?身近にひそむ原因

夏と言えば、皮脂や汗。どう考えても乾燥とは無縁のような気がします。東京をはじめ、日本の太平洋側では湿度も高くなりますね。

でも、肌を干からびさせるこんな原因が、私たちの身近にひそんでいるのです。

エアコン

一番最初に思い付くのが、エアコンです。

以前に「梅雨に肌荒れ!その原因と、やってみたい対策」という記事の中でも述べましたが、エアコンによる除湿モードにより空気が乾燥すると、肌の水分が空気中に逃げていきます。除湿ではなくて冷房なら良いか?というとそうでもありません。冷房であっても部屋の湿度は下がります。

エアコンの効いた部屋で寝ると、翌朝にノドがカサカサすることがありませんか。そうであれば、おそらく肌も同じように乾燥しているはずです。潤っているように見える場合でも、肌内部が乾燥してしまっているケースもあります。

また、就寝時のみならず、エアコンの効いた空間に長らく居た場合でも、当然肌は乾燥するでしょう。

日光の赤外線

太陽から降り注ぐ光に肌を傷める紫外線が含まれているのは、もはや言うまでもないことでしょう。紫外線は、肌の黑化や炎症・老化を引き起こす、にっくき敵です。

しかし、敵は紫外線だけではありません。なんと赤外線も、です。

赤外線とは、紫外線とは真逆のタイプの電磁波です。暖房器具でよく聞くと思いますが、赤外線は物の表面に熱を持たせます。熱された物は、表面から水分が抜けていきます。肌も例外ではありません。

日光を浴び続けた肌は、だんだんと水分を失い乾燥していきます。怖いのはそれだけではありません。特に夏の場合は、熱中症も懸念されます。

熱中症や夏バテ

熱中症になったとき、体内の水分は著しく減っています。このとき嫌な汗が出ることもあり、一見肌が潤って見えることがありますが、肌の水分もいつも以上に少なくなっていることでしょう。

熱中症よりは軽い夏バテの症状の場合であっても、水分不足によって肌の内部が乾燥したり、肌がカサカサしたりすることが起こりえるかと思います。

なんかクラクラするなあ、頭が重いなあ、ダルいなあ、と思ったときは、暑さによる体力消耗を疑ってみましょう。

体内の冷え

暑い日には、アイスクリームや冷た~い飲み物などを口にすることが増えると思います。食事でも、ざる○○や冷やし○○といった冷たい物を食べたりするでしょう。

するとどうなるかというと、体内が冷え血行が悪くなり、胃腸の働きも悪くなり、代謝が乱れたり肌の調子が悪くなったりします。その関係で、肌が乾燥したり荒れたりすることも十分に考えられると思いますね。

プラス、ここにエアコンによる冷えが加われば、ますます体には良くありません。肌が悲鳴を上げてもおかしくない状況といえます。

夏乾燥肌対策では生活に注目

夏は元々皮脂や汗が肌にまとわりつきやすく、高保湿化粧品もはばかられますよね。油分が多いと毛穴に詰まりやすく、さらには油分の保温効果で余計に暑く感じます。だから、さっぱりタイプのものを使う人も多いです。

何を言いたいのかというと、保湿化粧品に頼るよりかは、まずは生活面での対策を実行してみると良い、ということです。その上で、自分にふさわしいスキンケアアイテムを使っていきましょう。

エアコンを効かせすぎないようにする

除湿にせよ冷房にせよ、あまり効かせすぎないように気を付けることが大切です。熱中症にならない程度に省エネを心がけていきましょう。

湿度は60%前後、温度はできれば28度くらいが良いかと思います。これらの数値を大きく下回らないようにお気を付けください。

赤外線対策をする

紫外線対策はもちろんですが、赤外線を防ぐということも大切です。

窓にスモークフィルム(IRカットフィルム)を貼れるならそうしてみると良いですし、できる限り直射日光を防ぐこともポイントです。

サンバイザーやつばのある帽子をかぶるのもひとつの方法かと思います。

渇く前からこまめに水分を摂る

熱中症対策のためにも、水分はノドが渇いたときに一気に摂るのではなく、ノドが渇く前からこまめに水分補給をするようにしましょう。

なお、運動や作業などでたくさん汗をかいたとき(もちろんかく前も)は、水分に加えて塩分・ミネラルを摂ることも大切です。スポーツ飲料などを少し薄めて飲むようにしてみましょう(※)。水分だけでは体は正常に機能してくれません。

 ※ スポーツ飲料には糖分が豊富なものも多く、そのまま飲むのは控えるべきです。

冷たい飲食物ばかりとらないようにする

熱中症などの症状が顕出しているときを除き、なるべく冷たい飲み物は控えたほうが良いでしょう。涼しい部屋であれば、常温またはあたたかい飲み物にし、暑い場所でも、あまりギンギンに冷えていない飲み物を飲みましょう。

食べ物に関しても、アイスクリームは胃腸を冷やすので、あたたかい飲み物と一緒に味わうなど工夫してみると良いかもしれません。そして、毎食、胃腸を冷やさないようあたたかい食べ物や汁物があると良いですね。

なお、熱中症対策のためにも、ミネラル分が不足していない、栄養バランスのとれた食事を心がけてみてくださいね。

夜は脱水対策とエアコン対策保湿をして睡眠を

夜の睡眠中に、脱水症状に陥ってしまうことはよくあります。それでは体調も肌の調子も悪くなってしまうおそれがあるので、眠る前には、飲みすぎない程度に水分補給をしておきましょう。

そして、エアコンや冷風機を稼働させる方も多いと思いますが、そのときには、あらかじめ保湿ケアをしておくことや、部屋の湿度が下がりすぎないように先手を打っておくことも大切です。

加湿器を使ったり、しめタオルのようなものを風上に置いておいたりするのも有効です。ただ、夏場は衛生管理が大変で、下手をするとカビが生えることもあります。それを考えると、やはり睡眠前の保湿ケアのほうが気楽な気がしますね。

夏場にふさわしい保湿ケアアイテムは、(人にもよりますが、)日中に失った角質の水分をしっかり補給してくれて、なおかつさっぱりと使える物がまず良いでしょう。元々乾燥肌が酷い方であれば、高保湿化粧品でもOKだと思います。

以上です。身も心も、ストレスフリーな生活を目指していきましょう!

夏におすすめの保湿化粧品〈米肌〉
米肌トライアルセット

日焼けが気になる方のタイプ〈米肌〉
美白トライアルセット