夏の保湿のスキンケア

保湿のスキンケアが大切であるということは、大人の女性ならほとんどの人が自覚しているのではないでしょうか。肌の乾燥や荒れを防ぐために、日々欠かせない基本的な作業であるはずです。

しかし、夏場になると、保湿のスキンケアが大変うっとうしく感じませんか?梅雨にはベタベタするし、梅雨を明けてからも汗や皮脂で肌がベタ~ってなります。そんなときに保湿をしっかりとやると、不快指数がUPしてしまいます。

そこで今回は、夏の保湿スキンケアの必要性やおすすめ方法、そして化粧品の選び方などについてお伝えしていきたいと思います。

夏場の保湿も必要性は高い

先に申し上げておきますと、夏場であっても保湿のスキンケアはきちんとやったほうが良いでしょう。夏場であっても、ある程度の歳を召した肌は、水分が蒸発しやすいものです。

特に、冷房がきいた場所では湿度も下がりがちで、冬に劣らず肌が乾燥してしまうことがあります。「梅雨に肌荒れ!その原因と、やってみたい対策」という記事に書いたように、真夏に比べたらやや気温が低い梅雨であっても、除湿による空気乾燥が懸念されます。

また、夏場は、日光に含まれる紫外線や赤外線の影響を大きく受けます。日焼け(黒くなるサンタンや赤く炎症するサンバーン)、肌荒れ、水分蒸発などが起きます。さらに、多湿な状況では、汗や皮脂に雑菌がわきやすく、肌荒れやニキビを誘発することもあります。

このように、夏場は、冬場とは違って “ダメージ” というものを受けやすい時季です。冬や春のときほどの乾燥はなくても、やはり乾燥とは無縁でいられることはないですし、目立ったトラブルが起きやすい傾向にあります。

だからこそ保湿は必要です。水分を与えることで、肌はみずみずしく整いやすくなります。ただ、夏場には夏場にふさわしいスキンケア方法があるので、以下にてご説明しましょう。

さっぱり系ケアとダメージケア

まず、使い心地の面からお話をすると、夏場はやっぱり “さっぱり系” が良いかと思います。あまりに敏感な肌であったり乾燥嫌いの場合はしっとり系が良いこともありますが、基本的にはさっぱり系のほうが使い心地が良いですね。

さっぱり系が良いというのは、実は理屈としても根拠があります。

さっぱり系が良い理由

まず、しっとり系というのは油分が多い傾向にあります。特にしっとり系の保湿クリームともなれば、肌に乗せたときのバリア感はすごいですよね。冬場には大変頼りになる存在です。

しかし、(一概には言えませんが)汗や皮脂がたくさん分泌される夏場の肌には、油分がかえって逆効果となってしまうことがあるのです。

ここで視点をニキビに移してみましょう。ニキビは、老廃物や古い角質などが詰まった毛穴にできやすいのですが、それは雑菌がこびりついた皮脂をエサにし炎症が起きることで発生します。つまり、雑菌は脂分が大好きなのです。

また、汗や皮脂が多く分泌される夏場は、毛穴の開きも大きくなります。健康な肌であればきちんと代謝が起きて清潔になりますが、紫外線などのダメージを受けて傷んでいる毛穴では代謝機能が弱り、その分汚れも詰まりやすくなります。

しっとり系化粧品の油分も、毛穴に詰まりやすく、雑菌のエサになりやすい傾向にあります(夏場は雑菌がわきやすいのでなおさらです)。そのため、元々脂性肌の人や汗・皮脂の多い人は、あまりしっとり系の化粧品を使わないほうが良いと言われます。

よって、もししっとり系の化粧品を使うのは、よほど肌が乾燥しやすい人や、長時間エアコンのきいた乾燥部屋に居続けるときだけにしておくのが良いと思います。

それ以外の場合や、ニキビ・皮脂分泌が気になる場合は、さっぱり系の保湿化粧品で攻めていくのがおすすめな方法でしょう。もちろん、「こうしなきゃ駄目だぞ」というハッキリした答えはありませんけれども。

ダメージケアとは

ダメージケアというのは、その字のとおり、紫外線などのダメージを受けて傷んだ肌を整えていくことをいいます。

ダメージケアは、よく「秋にやるといい」と言われます。秋は、一年のうちで最も肌の調子が安定しやすいので、それをチャンスに肌をヒーリングし、冬場の乾燥に備えるわけですね。

夏場も、ダメージケアを行うことは大切なことかと思いますが、それよりも、日焼け対策をしっかり行って、少しでも肌へのダメージを減らすように努めることのほうが重要かなという気がしますね。

夏場の保湿化粧品の選び方

ここでは、さっぱり系の化粧品を選ぶことをおすすめしたいと思います。ただ、さっぱり系といっても、ただ単に「さっぱり系です」というだけではいけません。

さっぱり系を選ぶための理由としては、

  • さわやかな使い心地
  • ニキビや皮脂詰まりなどの防止
  • 程良い保湿力

というものが挙げられるはずです。そのため、ニキビ予防に訴求している薬用化粧品などを選ばれるのが良いかと思います(私の経験上、そういった化粧品はさっぱり系であることがほとんどです)。

または、シミ・くすみ、ニキビ跡などの対策もしたい場合は、美白効果(メラニンの生成を抑えてシミの発生を防ぐ効果)を持った薬用化粧品を併用するのも効果的でしょう。

以下にて、それぞれの化粧品例を掲げますので、是非化粧品の選びの参考になさってみてくださいね。

ニキビ予防や皮脂対策に良い薬用化粧品

皮脂のべたつきやニキビなどが気になる人におすすめできる薬用化粧品の一例は、〈ルナメアAC〉というものです。大人の肌には絶対に欠かせないうるおいをチャージしつつ、ニキビの原因を払拭してくれます。

スキンコンディショナー(化粧水)には、ノーマルタイプとしっとりタイプがありますが、使ってみた感想としては、(どちらもさっぱりしていましたが)ノーマルタイプのほうがよりさっぱりしていました。

仕上げに使うジェルクリームには、幾種類かの油性成分が含まれていますが、程良い保湿感で肌のうるおいを保持でき、割とさっぱりとした仕上がりとなりました。

〈ルナメアAC〉は、何よりさわやかな使い心地があり、有効成分でニキビ予防を行うことができますが、それに加えてノンコメドジェニックテスト済という点(ニキビの元となるコメドができにくい)も、おすすめできるポイントです。

>> ルナメアACの公式サイト

美白ケアに良いオールインワン薬用化粧品

ご紹介するもうひとつは、オールインワンタイプの美白ケア用薬用化粧品〈ホワイトニングリフトケアジェル〉です。美白ケアとは、紫外線を受けると生成されるメラニンを阻害してシミができるのを防ぐケアのことをいいます。

オールインワンタイプなので、保湿からマッサージ、化粧下地までの機能が一緒くたになっているアイテムといえます。そのため、時短ケアをしたい人に向いているでしょう(他コスメの化粧水を使ってから併用する手もあります)。また、ジェルなので、さっぱりとした使い心地です。

有効成分のひとつはプラセンタエキスで、これがメラニン生成を促す酵素チロシナーゼを阻害してくれるようです。「肌のくすみやシミが気になるわ」という人は、長い期間をかけてケアをし、様子を見続けることが大切かと思います。

>> ホワイトニングリフトケアジェルの公式サイト

ただ、一度できたシミは消えにくいと言われています。上記のお話は、あくまで保湿重視型のシミ予防についてです。本格的な美白ケアや改善に関してはまた別のお話となります。

 

以上、夏の保湿のスキンケアについてお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?

保湿は抜かりなく行い、さっぱりとケアしていきましょう!当然ですが、クレンジングや洗顔も必ず行いたいものですね。メイクの粉体や油分などもニキビの原因となりえます。

夏場の肌をなるべくすこやかに保つことで、秋のダメージケア、冬の高保湿ケアも順調に進むようになります。スキンケアばかりが命ではないですが、とても重要なタスク。大変ですが、地道に続けていきましょう!