あそこや脇のにおいとおさらば!

何気ない日常の中で、ふと漂ってくることがあるもの。それは、自分の体臭です。「あらやだ。私ってこんな臭いだったの!?ショック!!」と思ってしまいますよね。

体臭の発生部位は、主に あそこ(陰部)、脇、乳首など。このあたりのケアが疎かになっていれば臭いますし、いくらケアをしているつもりでも、あまり効果が発揮できていないこともあります。

そこで今回は、「女性のための、あそこ・脇の臭いの おさらば対策」と題し、原因と対策についてお伝えしていきたいと思います。

主な体臭原因は「アポクリン汗腺」の汗

もしかしたら少し聞いたことがあるかもしれませんが、汗の出口には二種類が存在します。エクリン汗腺とアポクリン汗腺です。私たちが普段汗をかくときは、その二種類から滲み出たり流れ出たりしているのです。

エクリン汗腺は体中に広く分布していて、ほとんど水分から成る汗が出ます。ところが、アポクリン汗腺は特定の部位にしかありません。その部位こそ、陰部や脇、乳首などです。アポクリン汗腺の汗も主成分は水ですが、尿素やアンモニア、脂質も含まれています。

主な体臭原因は、そのアポクリン汗腺の汗にあります。しかし、汗そのものはほぼ無臭。ではなぜ臭うのかといえば、そう、付着した雑菌が、尿素やアンモニアなどの成分を分解するためです。

話をもっと噛み砕いていきますと、体臭は汗の構成成分の割合によっても変わりますし、アポクリン汗腺の数によっても変わってきます。また、雑菌が多く存在すれば、臭いも発生しやすくなります。

ここまでくれば、やるべき対策は見えてきますね。可能か否かは別として、

  • 汗の構成成分を変える
  • アポクリン汗腺を減らす
  • 雑菌をよりつかないする

といった方法を採用することになります。では、以下にて具体的に見ていきましょう。

今日からでも始めてみたい対策

では、アポクリン汗腺の汗の構成成分を変えたり、雑菌をよりつかないようにするには、いったいどうしたら良いのでしょうか。

答えは、「まず困難」です。アポクリン汗腺の汗は、元々先述のような構成になっているものです。アポクリン汗腺の数も生まれつき決まっているので、減ることはありませんね(でも不可能ではないので、また後のほうで述べたいと思います)

雑菌も、よりつかないようにするということはできません。

けれども、体臭を軽減することは決して難しいことではありません。以下にて、今日からでも取り組んでいただきたい対策をお伝えしていきますので、是非参考になさってみてください。

洗うことは大切!でも頑張らなくて良い

まず基本として、臭いの気になる部位を毎日洗うことは欠かせません。雑菌や汗を洗い流すためにも、この作業は決して怠ることなくコンスタントに続けるべきでしょう。

しかしながら、あまり頑張って洗う必要はありません。いいえ、「洗う必要はありません」ではなく、「洗わないほうが良い」と言ったほうが正解でしょう。

洗いすぎると乾燥してしまい、肌の保護能力が低下しまいます。肌が乾燥すると、肌は身を守ろうと皮脂が出してしまいます。雑菌は皮脂が大好きなので、雑菌が増殖する原因となります。ほか、乾燥は肌荒れをも招きます。

ボディーウォッシングは毎日行うべきですが、頻繁に洗ったり、ゴシゴシこすって洗ったり、洗浄力が強すぎるソープを使ったりすることは、極力避けるようにします。誤った方法が毎日続くと、その負債は積もっていきます。

ソープは、必要な洗浄力がありながらも保湿力があって肌に優しいものを使うのがおすすめです。例えば〈クリアネオ パール〉というものがありますが、多くの保湿成分が含まれており、脇毛を剃るときにも豊かな泡立ちで処理・洗浄ができるでしょう。一度ご覧になってみてください。

>> 〈クリアネオ パール〉公式サイト

きちんと保湿をした上で制汗する

洗った後の肌は、水分が蒸発しやすくなっています。乾燥すると皮脂が増え、雑菌の温床となりかねません。

意外に思われるかもしれませんが、きちんと保湿をして肌を整えてやることが必要不可欠です。その上で、制汗の対策を行っていくのがベストな流れだと思いますね。

保湿アイテムは、基本的には顔用化粧水でも良いですが、それだとすぐ底尽きてしまいますし、制汗機能を携えていたほうが便利なので、体用のアイテムを使うと良いでしょう。例として、〈デオシーク〉というものがあります。

>> 〈デオシーク〉公式サイト

一方で、「保湿には他のアイテムを使うから、とにかく制汗機能に重きを置いたアイテムがいい」という方でしたら、先ほどのソープと同じブランド〈クリアネオ〉に制汗クリームがあるので、こちらも検討してみると良いかと思います。

>> 〈クリアネオ〉クリームの公式サイト

どちらでも良い、という場合は、あとは好みの問題となってくるでしょう。

ほかにもある!体臭対策

以上の対策は、きっと多くの人が思い付いたことだろうと思います。たしかに、コンスタントに継続していくことで、効果はありありと見えてくることでしょう。

しかし、対策はほかにもまだあります。男女向けの「体臭を改善したい・臭い消したいとの悩みには正しい対策を」という記事にも書きましたが、

  • 有酸素運動を定期的に行う
  • 臭いやすい食べ物をなるべく控える
  • 衣類はしっかり洗ってしっかり乾かす

といった対策法もあります。

女性ならではの対策であれば、

  • ホルモンバランスを整える
  • 脇などのムダ毛処理をやりすぎない

というのも、少しは臭いとの おさらば対策に役立つことでしょう。

生活習慣の状態はいかがですか。血行やリンパの通りを良くして老廃物を流してやることが大切なので、ウォーキングしたりマッサージを受けたりサウナに通ったりすることも効果的です。めぐりを良くしてあげましょう。

ストレスも体臭の遠因と考えられているので、いかにストレスを溜めないかも大切なタスクとなります。

以上の対策をバランス良く行えば、おのずと汗の構成成分も理想に近付けることと思います。不摂生などで老廃物が溜まった汗は、やはり臭くなります。汗から尿素やアンモニアを完全除去することはできませんが、健全な暮らしを送って、少しでも臭いづらくしていきましょう。

アポクリン汗腺を減らす方法

アポクリン汗腺が生まれつき多い人は、どうしても臭いやすくなってしまいます。しかし、生まれ持った汗腺は減りません。体質の変化や老化などで、その数が減少することはないのです。

だから、「アポクリン汗腺よ減ろ~」といくら念じても無駄ですし、自宅でできる有効な手段はありません。

でも諦めるのは早いです。医学の力を借りることで、アポクリン汗腺を減らすことができます。要は「手術」を受けるということです。手術は、わきがや多汗症に深く悩む方が受けることがあるようです。

先ほどお伝えした対策を実行しても一向に改善しない場合は、一度皮膚科で診てもらって相談をするのも良いかもしれませんね。

ただ、手術を受けるとなれば、身体的・精神的な労力、時間、お金、想定外のリスクがかかってくるのは当然ですし、必ずしも思いどおりにいくとも限らないみたいです。そういった点を踏まえ、よく考えてから踏み切るべきだと思いますね。

ほか、体臭が病気由来である場合も可能性としてはあると思うので、すぐに諦めず、なるべく広い視野で判断するようにしていくのが望ましいといえましょう。少しでも体をいたわりながら改善できる方法を選びたいものですね。