オーガニック化粧品

近頃、「オーガニック化粧品」という言葉をよく耳にしませんか。「肌に優しい」「敏感肌でも安心してケアを続けていける」といった宣伝文句を目にしたことがある人も多いでしょう。

でも、オーガニック化粧品は本当に肌に良いのでしょうか。ただただ宣伝文句やあらゆるレビューを鵜呑みにして、そういうものだという先入観を抱いてはいないでしょうか。

もし、オーガニック化粧品のことをよく分かっていないのであれば、今一度ここで、一体どういうもののことを指すのか、また効果や期待できることなどについておさえておくと良いでしょう。

オーガニック化粧品について

まず、オーガニックという言葉について見ていきましょう。

オーガニックとは?

オーガニック(organic)とは、化学肥料・農薬を用いずに栽培するスタイルのことをいい、辞書的には「有機の」「有機~」という意味があります。また、そういうスタイルで栽培された作物等や、その作物等を用いた加工品に対してもオーガニックという言葉が使われています。

このように、オーガニックという言葉の意味にはある程度幅があり、場面によって微妙に意味が異なったりします。また、国によっても認定基準が異なります。

オーガニック化粧品とは、いわば化学に頼らずに栽培された植物を原材料に用いた化粧品のことを指します。

しかし、ここで注意が必要です。

オーガニック化粧品の認定基準

日本における、オーガニックの認定基準の例として、以下のものがあります。

  • 栽培で、過去2年間に化学肥料も農薬も使っていないこと
  • 遺伝子組み換えなし

などです。これらの認定基準をクリアしてはじめてオーガニックのお墨付き(有機JAS認定)を得られます。しかし、この認定は食品のみに対して行われ、化粧品には行われていないのが現状です。

日本の場合、オーガニックによる植物を原材料にひとつでも使っていれば、オーガニック化粧品と名乗ることができます。裏をつけば、そのひとつ以外はオーガニック成分でなくても良いということになります。

そのため、「オーガニック化粧品だから完全天然植物性だ!」というわけではないということですね。その証拠に、オーガニック化粧品では、 “○%オーガニック成分配合” と書いてあることも多いです。

ちなみに、外国には化粧品にもきちんとしたオーガニック認定基準が設けられているところがあります。その中には日本よりも厳しいところも多く、日本はやや遅れをとっているといった印象があります。

今後、法律等の改正により、日本にも新たな基準が設けられる日が来るかもしれませんね。なお、この記事を作成している2017年2月14日現在では、そういったお話は聞きません。

効果、そしてケアにおける期待

オーガニック化粧品と一口にいっても、上記のように基準は実に曖昧であるわけですから、ピンからキリまで存在し、効果もまた一口には語れるようなものではありません。

そもそも、基準がどうであれ、有機栽培による植物が使われているから安心とも言い切れませんし、化学的合成成分が配合されているから肌に悪いとも言い切れません。

合う合わないは人それぞれ

「オーガニックであれば肌に良い」といった声はよく聞きます。しかし、その根拠として有力なものは、私の知る限りでは存在しません。

たしかに、化学に頼っていないということは、化学によって作られた(人工合成の)強い性質や特別な力というのはなく、安心感があるのは事実です。肌に優しいだろうと推測できます。

しかし、どんな成分であれ、合う合わないがあります。また、天然植物であっても毒を持つ危険なものがあるように、自然界に存在するものが100%良いものであるというわけではありません。まあ毒は極端すぎる例ですが、アレルゲンである可能性はあります。

一方、オーガニックではない化学成分は作為的に効果が作り出されていたりして、肌に積極的に作用する傾向にあります。肌に合えば、トラブルなく、しかも満足感の効果を得ることもできます。ただ、化学成分の怖いところは、肌に合わなかったときのトラブル勃発です。

このように、オーガニックにせよそうでないにせよ、人によって効果があったりなかったり、またトラブルが生じ得たり生じ得なかったりするわけですね。

オーガニック特有の効果

どのような効果を求めて製造されているかは物によってさまざまですが、オーガニック成分の効果としては、よく「ゆるやかに作用し、肌が自発的にすこやかになるように仕向けることができる」ということを美容関係者から聞きます。

つまり、日焼け止めであれば、化学的な力で紫外線を分解するのではなく、とりあえず紫外線は反射させて逃がしておき、肌そのものも紫外線に強い肌へと月日をかけて仕立てていく、ということになります。平たく言えば、即効性はなく、地味なケアを継続的に行っていく必要があります

また、「オーガニックだから比較的安心」といったこと耳にします。私は上で「合う合わないは人それぞれ」と書きましたが、たしかに、化学の失敗による大きなリスクは聞いたことがありません。そういった点では安心でしょう。

なお、私もオーガニックの化粧品やシャンプーを実際に使ってみたことが何度かありますが、正直、使った感触としてはよく分かりません(笑) ただ、保湿化粧品の場合でいえば、やはり安心感はあり、トラブルも全くありませんでした。

オーガニック化粧品に期待できること

大きく期待できることは、やはり安心感でしょう。女性には敏感肌の方も多く、男性であっても肌が弱っている人は少なくありません。そういう人にとって、オーガニック化粧品は安心して使える代物です。一般的に、肌への刺激が少ないと言われています。

けれども、上で説明したように、オーガニック化粧品といっても、オーガニック成分がどれだけ使われているかは物によってさまざまですし、天然植物しか使っていないとしてもアレルゲンが入っている場合があるので、その辺のことは肝に銘じておくべきでしょう。

使うのであれば一式単位で

オーガニック化粧品を使うのであれば、なるべく全てをオーガニックにしたいところです。つまり、化粧水だけオーガニックであとはケミカル(化学的)であったら、せっかくのオーガニック効果を実感できませんし、使う意味がありません。

何事のおいても、中途半端では良い結果を生み出せませんよね。ケアについても同じで、オーガニックと決めたら、洗顔料、化粧水、美容液、乳液やクリーム、そして日焼け止めまでオーガニックにしましょう。

メイクアップ化粧品も、可能であればオーガニックにしたいところですね。

今回のお話にふさわしい化粧品としては、《HANAオーガニック》というものがあります。ローズの香りも芳しく、疲れた心を癒せるかもしれません。

《HANAオーガニック》の公式サイト
トライアルセット300×250

それから、肌をすこやかな状態に仕立てていくには、当然ながら食生活や睡眠を改善し整えていくことも必要不可欠です。サプリメントに頼らず、生活もオーガニックな状態にしていけたら良いですね。