洗顔でかゆくなるのは乾燥が原因?

洗顔をしたあとに、肌がムズムズとかゆくなることがあると思います。そんなとき、「洗顔料がいけなかったのか?」「肌が傷んでいるのか?」と気になりますよね。

そこで今回は、洗顔後のかゆみの原因と、それぞれに応じた対策について、説明していきたいと思います。是非参考にしていただき、少しでも不安や疑問を解消していってくださいね。

乾燥が原因!?

洗顔後のかゆみの原因として一番可能性として高いのは、おそらく「乾燥」です。そう、洗顔という作業によって肌の皮脂膜が流れ落ちてしまった状態のことです。

いつも皮脂膜が肌を守っている

ご存知ない方のために書いておきますと、肌は日頃、皮脂膜という薄い膜を形成することで、外界からの刺激や空気乾燥から肌自身を守っています。

皮脂膜は、要は皮脂=油分です。その油分は毛穴の皮脂腺から出ています。これがあるお蔭で、肌がしっとり保たれ、無駄にかゆくなることがなくなり、肌荒れもしにくくなります。

ところが、加齢や体調不良によってその天然の保湿機能が低下すると、皮脂膜が十分に形成されず、肌の乾燥や荒れを招きやすくなってしまいます。また、外からの摩擦などによっても、皮脂膜が剥がれ落ちます。

洗顔で乾燥するワケ

皮脂膜を剥がれ落としてしまう摩擦は、肌をこすったりクレンジング・洗顔をしたりすることでも生じます。また、洗浄力の強い洗顔料やシャンプーなどによっても、必要以上に肌の油分を奪い去り、カピカピになってしまうことがありますね。

洗顔料やシャンプーなどは、肌の汚れを落とすための道具ですから、多かれ少なかれ洗浄成分が入っています。だから、皮脂膜が流れ落ちて乾燥を招いてしまうのは、仕方のないことだなあという気はしますね。

ただ、あまりにかゆみが出る場合は、方法やアイテムを見直す必要があるでしょう。洗浄成分にも色々な種類があるのですが、肌に合う・合わない、洗浄力の強弱はさまざまです。

また、かゆくなるからといって、必ずしも乾燥が原因になっているとは限りません。これについては後で述べていきたいと思います。

洗顔乾燥の対策!

もう一度言いますと、洗顔による乾燥は、ある程度は仕方がないものです。でも、あまりにかゆいのであれば、もしかしたら洗顔の方法やアイテムの選び方に、ちょっとしたミスがあるかもしれませんね。

方法を見直そう!

洗顔方法は、どんなアイテムを使うかにもよります。一番良いのは、商品を購入したら、説明書に書いてあるやり方どおりに丁寧に進めていくことです。

そしてどんな洗顔でも共通するのは、とにかくこすらないということです。

また、お湯の温度にも気を付けましょう。個人差はあると思いますが、35℃を超えるようなお湯だと乾燥しやすくなります。32~33℃くらいのぬるめのお湯で洗うことをおすすめします。でも、メイクの汚れの度合いによっては、温度を髙くするのも一つの方法です(メイクを残すと肌に悪いですからね)

それと、洗顔し終わった後に水分を拭きとるときは、やはりこすらずに。優しく丁寧に、タオルを肌に置いていきましょう。

アイテムを見直そう!

「方法は間違っていない!」という方の場合は、洗顔アイテムを見直してみる必要があるかと思います。私も経験があり、洗顔料を別のに変えた途端に、かゆみやツッパリ感が消えたことがあります。

洗顔アイテムには、色々なタイプがありますよね。保湿成分がたっぷり入ったものやさっぱり系のもの、泡立ちの良いもの、泡の立たないもの・・・。本当、多種多様ですね。

「どういったものが一番良いのか」というのは、正直決めかねます。が、傾向として、

  • 保湿成分がしっかり入っている
  • なおかつ泡立ちの良い
  • 乾燥肌向け・敏感肌向け

といった洗顔料だと、洗顔後にかゆみを感じにくいかと思います。

逆に、オイリーなクレンジング料を使ったあとはかゆみを感じやすい(汚れ・皮脂を落とす力が強いため)ですし、ごく一般的な洗顔料であっても、私の場合は、クレイ(泥)タイプを使うとよくかゆみを感じますね(この辺は個人差があるとは思います)

「それでもどういったものが良いか、よく分からない」という場合は、色々試して決めるしかありませんが、必要があれば皮膚科専門医と相談してみるのも一方法かと思います。

洗顔後は早めに保湿ケアをしよう!

どんなに質の良い洗顔アイテムを使っても、洗顔後というのは乾燥を招きやすい状態になっています。特に冬は、あたたまった肌からどんどん水分が抜け、すぐにカサカサ状態となり、かゆみをもたらします

それを防ぐために、洗顔後は、早めに保湿ケアをしましょう。洗顔後の肌は、毛穴が開いて保湿成分が吸収されやすくなっています。冷えてしまうと保湿効果が半減してしまいますので、「洗ったらすぐ!」を心がけてみてくださいね。

「乾燥」以外の原因と対策

肌の乾燥以外にも、洗顔アイテムにアレルゲンが含まれていると、肌がかゆくなることがあります。この場合、正しい方法で洗顔したり早めの保湿ケアをしたりしても、改善しません。かゆいだけで収まるのであればまだしも、炎症や発疹が起こることもあります。

アレルゲンは、洗顔アイテムのみならず、シャンプーやトリートメントなどにも入っている可能性があります。「どの成分がアレルゲンか?」というのは、皮膚科医師の力を借りないことには分かりませんが、もし目星をつけることができるなら、それが入ったアイテムは使用を中止するのが身のためですね。

一般的に「安全」と言われている成分でも、人によってはアレルゲンとなりえます。こればかりはアイテムに落ち度はなく、「致し方がない」「低確率ではあるが、ありえること」と割り切った上で、避けるようにするのが一番です。

  ※ 逆に、世間一般的に「洗浄力が強すぎて良くない」と言われているような成分でも、人によっては相性が良いこともあります。これに関連するお話は、記事「ラウレス硫酸Na入りシャンプーは本当に頭皮に悪いのか?」をご覧ください。

また、かゆみは、日焼け止めやメイク化粧品にかゆみの原因がある場合も考えられます。最近、新しい化粧品に変えたということはありませんでしたか?もしあるのであれば、少し疑ってみると良いでしょう(塗った直後は良くても、時間が経つとかゆみが出てくるケースもありますね)

ほか、体のコンディションが悪かったりすると、安全な成分でも肌に刺激になり、微炎症・かゆみを生じる場合があります。これは、食べた物などのあんばいによっても起こりえます。

日頃から、外からのスキンケアのみならず、体の調子・バランスを整えるといったケアを行うことで、内側からも強い肌を作り上げていくことが大切ですね。栄養バランスも考えて食事をし、夜は質の高い睡眠をとるように心がけたいものです。

最後に、肌に優しい洗顔料の例〈二十年ほいっぷ〉をご紹介しておきたいと思います。モッコモコの濃密泡と、”しっとりもっちり” とした洗い上がりが最高の洗顔料ですよ!

〈二十年ほいっぷ〉
二十年ほいっぷ

 “さっぱり系” 洗顔料についてはこちら