ラウレス硫酸ナトリウムは本当に頭皮に悪いの?※ 画像はイメージです。

先にお伝え申し上げますと、私は、どこかの化粧品メーカーに従属している者でもなければ、まわし者でもなく、ある特定のメーカーに媚びを売っている者でもありません。が、美容について日々研鑽を惜しまない者ではあります。

そんな立場からのお話にすぎませんが、今回は、頭皮に悪いと敵視されているラウレス硫酸Na入りシャンプーについて、思うことを書いていこうと思います。是非参考になさってみてくださいね。

ラウレス硫酸Naとは?悪影響は?

シャンプーの解析サイトをはじめ、あらゆる美容系サイトで敵視されている成分。それは「ラウレス硫酸ナトリウム(ラウレス硫酸Na)」です。

少し小難しいお話をすると、「ラウレス硫酸Na」は、高級アルコール系陰イオン(アニオン)界面活性剤のひとつで、ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウムともいいます。かねてよりシャンプーによく使われてきた成分で、ほかにも、歯磨き剤やあらゆる洗浄剤に配合されています。

似た成分として「ラウリル硫酸ナトリウム(ラウリル硫酸Na)」というものがあります。名前だけでなく、世間での酷い扱われようはよく似ていますが、これを改良したものが、今回の「ラウレス硫酸Na」です。

以下、「ラウリル硫酸Na」はラウリル、「ラウレス硫酸Na」はラウレスと表記していきます。読み間違いにご注意ください。

ささやかれし、ラウリルとラウレスの悪影響

ラウリルとラウレス。これらは名前が似ており、一緒くたに批判されている成分です。では、世間でささやかれている悪影響とは、いったいどんなものでしょうか。

それは以下のとおりです。

脱脂力がありすぎる

脱脂力、すなわり脂を脱する力。洗浄力と言い換えることができるかもしれませんね。

ラウリルもラウレスも、洗浄力が強いことが大きな特徴です。それゆえ、頭皮の必要な皮脂までを奪ってしまい、頭皮が乾燥したり、肌が自分を守ろうとして皮脂が過剰に分泌されたりといった事態を招きます。だから悪者!

といったことが、世間ではささやかれています。

頭皮に刺激を与える

ラウリルやラウレスが入ったシャンプーを使うと、頭皮が荒れるだのかゆみをもたらすだの禿げるだの言われています。平たく言えば、頭皮に刺激になる、ということです。

また、細かい分子が体内に浸透していき、「体調を崩す」「寿命が縮む」などといった論調で警鐘を鳴らしている人もいますね。

しかし、ラウレスは別に怖くない

先述のように、ラウリルとラウレスは敵視され、今では、「ラウリル入りのシャンプーは毒だ」「ラウレスの入ったシャンプーは買う価値無し」と酷い言われようです。

では、実際どうなのか?といったら、ラウレスに限って言えば、そこまで敵視する必要はないのでないか?ということです。

ラウリルは少し怪しいかも

先にラウリルのお話からしますと、ラウリルは分子が小さく、洗い流したつもりでも頭皮に残りやすい性質を持っています。また、タンパク質を変性させるという、聞くだけでなんだか身の毛がよだつ性質まで持ち合わせています。

ご存知の方もいると思いますが、髪の毛は、タンパク質(ケラチン)でできています。つまり、ラウリルによって変性されてしまうおそれがある、ということです。頭皮も、もちろんタンパク質ですから、刺激が及ぶ可能性は否定できません。

とはいえ、シャンプーに毒物は配合できません。だからラウリルは、少し怪しいけれども悪いとは言い切れません。

そのためここでは、もしラウリルが入ったシャンプーがあれば好んでは選ばないことが得策だ、とまとめておきましょう。ただ、実際に使ってみないことには分からない点もあります(泡立ちも良いので洗い心地が良く感じるかもしれません)。まあ、最近は少なくなりましたけれどもね。

ラウレスは怪しくない

一方、ラウレスは、分子を大きくし、またタンパク質を変性しにくくなるよう改良したものです。ということは、先ほど挙げたラウリルの悪い性質を払拭した成分といえます。

ラウレスは、たしかに洗浄力が強く、比較的安価で配合しやすい成分ですが、世間で敵視されているほど怖いものではないのです。刺激性は比較的弱いといっても過言ではないでしょう。泡立ちも良いです。

したがって、気を付けるべき点を挙げるとするならば、やはり「洗浄力が強い」という点でしょうか。これについては、下記にて述べていこうと思います。

洗浄力が強いことは、悪いこと?

「洗浄力が強いのであれば、使うのを控えたい」・・・そう考える方は少なくないでしょう。最近では、やたら保湿が大事で、洗浄力は弱くて良いという考えが浸透しています。

まず、「洗浄力が強い」と言うと悪い響きに聞こえるかもしれませんが、良し悪しを抜きにして、それ以上でもなくそれ以下でもありません。汚れや皮脂を洗い流す力が強い、というだけです。特にこれが頭皮への刺激になる、というわけではありません。

問題は洗った後です。先ほども書きましたが、洗いすぎることで頭皮が乾燥したり、自分の身を守ろうと肌が皮脂を過剰に分泌することになりうる、ということです。

ただ、これも、人それぞれの体質(肌質や髪質)や使用環境が関わっている部分も大きいため、強い洗浄力の影響をどこまで受けるかは、実際に使ってみるまでは分からないと思います。また、乾燥を感じても、保湿ケアを行えばOKという人もいるでしょう。

さらには、トリートメントやワックスなどを使用した場合、(物や使い方にもよりますが)頭皮に油分がこびりついたりします。これらの残留こそ頭皮に悪いので、しっかりと洗い流してやる必要があります

以上を踏まえると、「洗浄力が強い」というのは、あながち悪いとも言い切れないと思うのです。むしろ、夏場など、しっかり洗いたいときには重宝できると言っても良い気がします。大切なのは事後ケアなのかもしれません。

なぜ、ラウレスはあんなに批判されているのか

ここまで読んでお分かりになったかと思いますが、ラウレスは、言われるほど批判されるような成分ではないはずなのです。それなのに、なぜ敵視されているのでしょうか。

販売戦略の一?

おそらく、企業などの販売戦略がひとつ関係しているのかもしれません。

かつて、シリコーンが頭皮の毛穴に詰まるから使ってはいけないといった風潮がありました。「ノンシリコーン」と銘打った商品を販売すれば、消費者はそれを鵜呑みにしてどんどん買っていくといった現象も生じました。

しかし今では、シリコーンの危険性は低いことが分かっており、むしろ髪の滑りを良くしてくれる味方だといった見方に移ってきています。

何かを必要以上に悪者に見立て、それとは逆の路線を行く演出をすることで、商品は好調に売れるというわけです。消費者は、自分の頭で考えることが面倒なので、それらしい理屈を鵜呑みにします。

もしかしたら、ラウレスもそういう系統にあるのかもしれない、と思ったりもしますね。

そもそも、毒となるような成分を化粧品等に配合することはできないですし、開発段階で厳しい試験を通っていますから、行き過ぎた批判はメーカーへの名誉棄損にもなりかねません(求めていた効果があるか、自分の肌に合うか、といった点は、また別の話ですが)

気にしている人は、ごくわずか?

シャンプーなどの化粧品の良し悪しを知るために、インターネット上で情報を探す人は大勢いるのではないかと思います。

しかし、インターネット上で情報を公開している人ともなれば、閲覧者よりずっとずっと少ないです。検索すればサイトがたくさんヒットしますが、ネットで声を上げている人は、その道に興味がある人やこだわりのある人にすぎないでしょう。

例えば、あるサイトで「ラウレス入りシャンプーを使ったら頭皮が荒れてかゆくなったので、絶対におすすめしません」と書かれているとします。でもそれは、あくまでその人が実際に感じたからこそ発信したにすぎないのです。実際この世にはラウレス入りシャンプーを使っている人はもっともっとたくさんいて、「どうとも思わない」「良し悪しを考えるという発想すらない」「そもそも異常は感じない」という人がほとんどだと思うのです。

にもかかわらず、多くの消費者は、希少な声を鵜呑みにし、信じ、「あのシャンプーを買うのはやめた」「○○のサイトで勧められていたあのシャンプーしか使わないことにしよう」とひとりで決めつけてしまうのです。

これがいかに危なっかしい行動か、少し考えれば分かるかと思います。そのため、私が本サイトで化粧品の紹介をするときは、あくまで例として、参考程度にしか紹介しません。鵜呑みにしていただきたくないからです。

評判の良いものでも合わないことがある

私はかつて、世間でおすすめされていて販売数も多いMシャンプー(仮名)を使ってみました。頭皮に刺激になる成分がないと言われ、使い心地も洗い上がり感も良いとの評判が立っていた、人気のシャンプーでした。

しかし、いざ使ってみると頭皮がかゆくてかゆくて仕方がなくなり、翌日もかゆみが収まりませんでした。シャンプー以外にも原因があったかもしれないと思い、しばらく様子を見ましたが、それでもかゆみは無くなりませんでした。

そこで別のシャンプーに替えたところ、途端にかゆみは収まりました。かゆみの原因はMシャンプーにあったんだと確信しました。にもかかわらず、改めて口コミ等を見てみると、大勢の人が褒めちぎっていました。

逆の経験もあります。シャンプー解析サイト等では酷評されていたSシャンプー(仮名)が、口コミでは好評を博しており、使ってみたら本当に心地良くて、頭皮や髪の調子が良かったという経験です。でも当時の私は、Sシャンプーが解析サイトで酷評されているのを見て、Sシャンプーに対して悪いイメージが付き、それを買うことがなくなってしまいました。

以上の経験を通し、自分の肌で実際に感じて判断する、ということがいかに大切なことかを痛感しました。

実際に使ってみることが大事

ともかくも、毒物を売るようなことは規制されているので、基本的にシャンプーなどの化粧品は安全性の高いものです。化粧品事故がニュースで放送されることがありますが、それは稀です。

とはいえ、合うか合わないかは、人それぞれ。体質、体調、環境、使用条件、価値観などによって左右されます。評判が良いものでも、使ってみて嫌ならそれまで。評判が悪いものでも、それが自分にはピッタリだったということもありえます。

「自分に合うのは何だろう?」と路頭に迷っている人も少なくないと思いますが、ひとつ、見方を変えてみて、これまで敬遠していた物にチャレンジしてみるのも手でしょう。もしかしたら、「これだ!」と宝物を掘り当てることができるかもしれません。

情報は参考にしても良いですが、鵜呑みにせず、実際に使って自分の力で判断するようにしてみましょう。他力本願で居続けると、どうしても世間の都合の良いように流されてしまうことが起こりうるのです。