冷たい飲み物と温かい飲み物

冷たい飲み物か温かい飲み物。あなたは、どちらをよく飲まれますか?

私は、基本的に温かい飲み物を飲むことが多いですが、夏などでは、冷たい飲み物を飲むことも少し多くなります。炎天下で温かいお茶を飲む気にはなれませんものね。

「冷たい飲み物か温かい飲み物、ダイエットにはどちらが良いのか?」といった議論はよく見かけますが、ここでは、「肌の美容にはずばり…」といった結論を目指し、どちらが良いか、私なりの考えを述べていきたいと思います!

冷たい飲み物の長短所

真夏、青空のもと、強い日差しで焼ける肌。ジリジリと痛みを感じることもあり、体力も消耗します。そんなとき、氷がカランと鳴る冷たいお茶やさわやかなジュースをゴクゴク飲むと、スーッとクールダウンすることができますね。

クールダウンにはもってこい

火照った体を冷やすには、冷たい飲み物は欠かせません

例えば熱中症。あなたの友達が、熱中症で熱が出てクタクタだとします。そんなとき、まずは水分や塩分の摂取を試みると思いますが、いくらその人が温かい飲み物が好きでも、濃厚なホットミルクを与えるでしょうか。

その場合、たいていは、冷たい水やスポーツドリンクを与えると思います。そして、熱を冷ますように看護するでしょう。ひどく体力が消耗しているときに温かい飲み物を飲んでも、体温は下がらず、むしろ危険です。

また、自販機やコンビニで買うドリンクくらいの温度だと、吸収が早いといわれています。つまり、冷たい飲み物のほうが、温かい飲み物よりも素早く水分補給ができるということです。

したがって、体を冷やしたり、早急に水分補給したりするときは、冷たい飲み物が大きな力となるわけです。

胃腸を冷やしてしまう

ただし、デメリットがあります。

冷たい飲み物は、胃腸を冷やし、内臓などの血流を悪くする可能性も大きくなってしまうのです。その結果、消化不良や下痢などを引き起こしたり、体調や心の調子が不安定になったり、はたまた肌機能の不具合にもつながります。

体が火照ったときに芯から冷やすには仕方がないのですが、もし、特に冷やす必要が見当たらないのであれば、冷たい飲み物を無理に飲むことはない、というわけですね。

よく聞く夏バテは、なんと冷たい飲み物や冷たい食べ物のとりすぎも原因にあるそうです。「夏といえば冷たい飲み物!」という固定観念があるのであれば、それは少しリスキーかもしれません。

温かい飲み物の長短所

身が縮こまるほどの冷たく鋭い風が吹き、耐えながら暗い夜道を小走りで帰宅。そして暖かいダイニングに駆け込むと、お母さんがホットココアを作っていてくれて、飲めば身も心もポカポカに。

体を温めてくれ、胃腸への負担も少ない

よほど熱い飲み物はいけませんが、自販機のあったか~いレベルであれば、火傷することもほとんどなく、効率良く体の芯から温めることができます

体が冷え切って血行不良に陥っているとき、温かい飲み物を飲むことで回復し、次第に元気になってくることは、まあよくあることだと思います。顔色も改善してきますね。冷え性にも良いでしょう。

ダイエットの世界でも、血行促進や冷え性忌避のために、温かい飲み物がおすすめされることが多いようです。胃腸が冷えたりすると、代謝も悪くなってしまいますからね。

それから、温かいのを少し冷ました飲み物は、体温に近くなり、胃腸に優しいといわれています。

胃腸が弱い人や、ストレスを溜め込みやすい人、冷えやすい人は、温かい飲み物や体温に近い飲み物を飲まれることを、私はおすすめしたいと思います。

急速な水分補給には不向き

温かい飲み物は、水分補給を素早くはできないので、汗を大量にかいたり熱中症になったときの水分補給には不向きでしょう。特に、熱中症では、体を冷やす必要があるため、温める可能性のある飲み物は避けるべきです。

でも、水分補給をしなきゃといって、常に冷たい飲み物ばかり飲む必要もないと思います。温かい飲み物でも水分補給は可能ですから、少しずつ飲んでいけば、それを上回る発汗がない限りは間に合います。

夏、冷房がきいた場所では発汗量が減ります。加えて、体も冷えやすいものです。そういう空間では、冷たい飲み物よりも温かい飲み物のほうが適しているように思います。

私は、真夏の非常に暑い日に喫茶店に入ると、まずは水を飲みます。そして、それでも体の芯から火照っている感じがするときは冷たい飲み物を選び、ここちょっと寒いなあと感じたら温かい飲み物を選んでいます。

肌に良いのはずばり・・・

さて、肌に良いのは冷たい飲み物か温かい飲み物、どちらでしょうか。

私が出した答えは、ずばり「温かい飲み物」です。ただし、熱いのはNGで、体が特に冷え切っていないのであれば、なるべく体温に近ければ近いほどOKということです。

温かい飲み物は、体を芯から温め、血行を回復させます。そして、体温に近い飲み物は胃腸に優しく、代謝不良も招きにくくなるはずです。

血行の回復や代謝の維持とは、つまり肌の状態を保つことにつながります。血行が悪いと、肌まで十分に栄養が行き届かず、また血色も悪くなって老けた印象になりかねません代謝が悪くなれば、肌荒れやニキビを誘発しやすくなります

したがって、美肌のためには、基本的には「温かい飲み物」がおすすめです。ただ、熱すぎると胃腸や食道に負担にかかりよろしくないので、沸かしたてのお湯でコーヒー等淹れるときは、少し冷ましてから飲むと良いかと思います。

また、どうしても冷たい飲み物を飲みたいときは、熱中症などのトラブル時を除き、なるべく常温に近いものを選ぶと良いでしょう。スーパーやコンビニには常温飲料が置いてあることも多いので、買い置きしておくのも良いかもしれませんね。

両方のメリットを取り入れて

上では、温かい飲み物の軍配が上がりましたが、冷たい飲み物を否定する意思は全くありません。どちらにもメリットとデメリットがあり、状況に応じて選ぶと良いかと思っています。

肌のことだけを考えれば、そりゃ温かい飲み物のほうが良いケースが多いですが、熱中症の応急処置をやめてまで、肌のことを考えるのではおかしな話です。そもそも、暑くて死にそうな気分であるときに、温かい飲み物を無理して飲むのは酷でしょう。かえってストレスで肌が荒れそうです。

無理はしないと決めた上で、ちょっとだけ「温かい飲み物はどうだろう」と考えることが大切だと思いますね。何も考えずに冷たい飲み物を選ぶより、「今なら温かい飲み物で良いかなあ」と考える癖をつけるだけで、胃腸にも肌にも優しい生活が送れるかもしれません♪